プリン体の役割

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

プリン体は、尿酸の元になっている物質です。

 

体に不要な害毒のように思われていますが、

もとは遺伝子の核酸を構成している重要な物質なのです。

 

新陳代謝で古い細胞が無くなるときに核酸が分解されて、プリン体は尿酸になります。

 

DNAやRNAなどの遺伝子の成分である核酸は、

塩基、リン酸、糖の3つの成分で構成されています。

 

塩基は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)、ウラシル(U)

という5つの物質の組み合わせで遺伝情報を作り、伝達する役割を持っています。

 

この塩素配列と呼ばれる遺伝子情報がなければ、生物は存在することができません。

 

この中で、アデニンとグアニンを、その構造の特徴からプリン体と呼んでいます。

 

またエネルギー源となるATPを構成しちえるアデノシンも、プリン体の一つです。

 

プリン体は、古い細胞が無くなるときに核酸が分解されて放出され、

また、エネルギー源のATPがエネルギーとして消費された後に残され、

それらが集まって尿酸となって体内に蓄積されていきます。

 

ですから、プリン体と呼ばれる物質は、

尿酸になる前は、人の生命活動を根源で支える重要な物質だったのです。

 

体内でつくられたプリン体は、分解されて尿酸になると、

もうそれ以上分解されることはありません。

最終的には老廃物として尿や汗、便として排泄されることになります。

 

 

プリン体の語源

プリン体の「プリン」とは、プリン環と呼ばれる化学物質のことです。

プリン体の「プリン」の語源は、「Pure = 基」 と 「urine = 尿」で、尿の基という意味です。

お菓子のプリンはpuddingですから、まったく違う言葉なのです。

 

新鮮な魚を食べるとおいしく感じるのは、イノシン酸などのためで、

これにもプリン体が多く含まれています。

 

魚の鮮度が落ちると、美味しくなくなるのは、プリン体が文化されるせいで、

そのために魚の鮮度をプリン体の量であらわすこともあるのです。

 

また、調味料にもプリン体がまぜられていて、味のうまみを出す成分として使われています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL