尿酸とは

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸とは、細胞の中にある遺伝子の構成成分である

「プリン体」が代謝されて最後に残った物質です。

 

簡単にいうと、「細胞のゴミ」ということです。

 

プリン体は、細胞核にある核酸を構成する物質。

人が口にする食品も細胞からできているため、当然プリン体が含まれています。

 

ただ、食品として取り込まれるプリン体は体内にあるプリン体の2割程度に過ぎません。

残りは、人の体の中で作られているのです。

 

プリン体が体内で作られる仕組みの一つには、細胞の核の分解によるものです。

核酸は遺伝情報を伝える重要な物質ですが、

細胞が定期的に新しいものに生まれ変わるときに分解され、プリン体をつくります。

 

もう1つ、プリン体が作られる仕組みとしては、エネルギー消費によるものがあります。

エネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)が分解されて、

ADP(アデノシンニリン酸)になるときにエネルギーが放出されます。

 

ADPは、安静時に元のATPに戻りますが、激しい運動などで急激に大量のATPが使われると、

増えすぎたADPはATPに戻れずに分解されてプリン体となるのです。

 

このように、体内では常にプリン体が作られ

食品から取り入れたプリン体とともに、肝臓で分解されて尿酸が作られます。

 

尿酸がつくられること自体は、細胞が正常に活動している証拠であり、

尿酸が正常に排泄されていれば、健康上はなんの問題もありません。

 

ただし、困ったことに、人間の体には、この尿酸が必要なようで、

尿酸を体の中に一定量残すようになっています。

 

 

尿酸の産生と排泄のバランス

健康の人の体内では、1日に約700mgの尿酸がつくられ、尿酸プールとして蓄えられます。

尿酸プールでは、約1200mgの尿酸が保たれ、約700mgの尿酸が排出されます。

 

尿酸は水に溶けにくく、結晶化しやすいため、

結石などができないよう腎臓は少しずつしか尿酸を排泄させません。

 

排泄される尿酸の約7割が尿中に、約3割は汗や便とともに排泄されます。

 

なお、余談ですが、尿酸を分解できない動物は、人間や猿などの霊長類と、

鳥類や爬虫類の一部で、ほとんどの哺乳類や魚類は、

尿酸をさらに分解して排泄する仕組みが備わっているため、痛風になることはりません。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL