尿酸のちょっとした疑問

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値は一時的に高いだけだけのこともあるのでしょうか。

 

食事で多量のプリン体をとったり、

お酒を飲んだりすれば、尿酸値が上がります。

 

その他、激しい運動、発汗・下痢による脱水症状、

ストレス、薬剤などによって、一時的に尿酸値が上昇することはあります。

 

こうした原因で一時的に尿酸値が高くなることはあっても、ふだん低ければ問題はありません。

何度か測定して、いつも高いようなら、高尿酸血症と考える必要があります。

 

 

尿酸値は低いほど良い?

一般に、尿酸値は高すぎることが問題になりますが、中には極端に低くなる人もいて、

尿酸値が1.5mg/㎗以下の場合は、低尿酸血症と呼ばれます。

 

低尿酸血症も尿酸代謝の異常で以下のような病気の場合があります。

 

キサンチン尿症

プリン体を尿酸に分解する酵素の欠損が原因で起こる病気で、尿路結石ができやすくなります。

 

家族性腎性低尿酸血症

腎臓から尿酸が過剰に排泄されて、尿路結石の原因になったり、

まれに急性腎不全を招く場合もあります。

 

尿酸はもともとある程度の量が体内にあるものなので、

尿酸値も低いほど健康というわけではないのです。

 

 

高尿酸血症と痛風の違い

尿酸値が7.0mg/㎗を超えていれば高尿酸血症ですが、一般に痛風発作を起こしたものを痛風と呼び、

尿酸値が高いだけの無症候性高尿酸血症の倍に高尿酸血症と呼んでいます。

 

つまり、痛風の人は皆、高尿酸血症ですが、

高尿酸血症の人がみな痛風というわけではないということです。

 

 

高尿酸になる条件に当てはまらないのに・・・

お酒も飲まない、太ってもいない、そこそこ運動はしているのに、なぜか尿酸値が高いという人もいます。

こうした生活上の問題がないのに尿酸値が高いという人は、薬の助けを借りる必要性が高いといえます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL