尿酸値が高くなると

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

健康診断を受けて、「尿酸値が高い」と指摘されても、

はっきりした自覚症状を感じることはないため、

放っておく人は多いでしょう。

 

尿酸は、人間が生きて活動している限り、体内でつくられ排泄され続けています。

 

尿酸の産生と排泄のバランスがくずれて、尿酸が体内に溜まりすぎると、

血液中のの尿酸値が高くなり、関節液の中で結晶化が始まり、

この結晶が様々な障害を引き起こすことになります。

 

そのため、尿酸が7.0mg/㎗を超えると、

高尿酸血症と診断され、適切な治療が必要になってきます。

 

高尿酸決症では、尿酸塩という尿酸の結晶が、関節内にたまっていきます。

この状態が長く続くと、痛風関節炎や痛風結節といった、

いわゆる「痛風」を発症することがあります。

 

痛風関節炎は、関節軟骨の表面や関節包の内側に

尿酸塩結晶が溜まりすぎ、これが剥がれて関節液に流れ出て起こります。

これを異物とみなした白血球が食べつくそうと攻撃することで炎症を起こし、激しい痛みを生じさせます。

 

何の前触れも無く突然起こることが多く、このような場合を特に、痛風発作と呼ばれています。

 

痛風関節炎を起こす状態が長く続くと、

尿酸塩結晶が関節部分だけでなく皮下組織にもたまり、コブ状に盛り上がることがあります。

これが通風結節です。

 

多くの場合、炎症や痛みは伴いませんが、関節にできると関節が変形して、

自由に動かせなくなることがあります。

 

このように、高尿酸血症は進行すると怖い病気ですが、

尿酸値が異常に高く、尿酸塩結晶が関節部分にかなり溜まった状態でも、

痛風の発作や症状が全く出ないケースもあります。

 

こうした自覚症状のないケースは、無症候性高尿酸血症と呼ばれていますが、

放置してしまうことが多いだけに、病状の進行には注意が必要です。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL