尿酸値が高くなる原因

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値とは、血液中の尿酸の濃度のことで、

血液1㎗に含まれる尿酸の重量(mg)で示します。

 

尿酸が過剰に蓄積されると尿酸値が高くなり、

7.0mg/㎗を超えると高尿酸血症と診断されます。

 

尿酸は産生量が多すぎても、排泄量が少なすぎても、過剰に蓄積されてしまいます。

高尿酸血症では、このバランスがどのようにくずれるかで、3つのタイプに分類されます。

 

尿酸産生過剰型

尿酸の排泄量は正常ですが、産生される尿酸の量が多すぎるタイプです。

体質や生活環境が影響しています。

 

尿酸排泄低下型

尿酸産生量は正常ですが、排泄される尿酸の量が少なすぎるタイプです。

腎臓からの尿酸排泄量の低下が影響しています。

尿酸排泄低下型は、日本人の高尿酸血症の8割を占めると言われています。

 

混合型

尿酸の産生量が多く、排泄量は少ないタイプです。

産生過剰型と排泄低下型の両方の特徴を併せ持っています。

 

 

尿酸値が高くなるのは尿酸の産生と排泄のバランスがくずれ、尿酸が過剰に蓄積されるためです。

重要なのは、尿酸が多く作られたり、尿酸の排泄が少なくなったりする原因を知り、

尿酸が過剰に蓄積されないように、尿酸のコントロール法を身につけることです。

 

 

高尿酸血症の原因

高尿酸血症は、はっきりと原因を特定できない原発性(一次性)と、

原因がはっきりしている二次性のものに分けられます。

 

二次性によるものは、他の病気があって、それにより高尿酸血症になったり、

使っている薬でなったりしますが、日本人の全痛風症例の約5%を占める程度です。

 

つまり、高尿酸血症のほとんどが原発性といえます。

 

原因には大きくは2つあり、1つは遺伝的体質で、もう一つは環境要因です。

 

遺伝的体質とは、近親者に高尿酸血症患者がいて、

尿酸値が高くなりやすい体質が遺伝することがあります。

 

もう一つの原因である環境要因とは、年齢や性別、そして生活習慣などがあります。

尿酸値を上昇させやすい食生活をしていることが、一番大きい所でしょう。

プリン体を多く含む食品の摂取過多だけでなく、食べすぎや飲みすぎも尿酸値上昇に繋がります。

 

他の生活習慣として考えられることに「運動」があります。

体に負担の少ないゆるやかな運動は、尿酸値の改善に有効ですが、

激しい運動は尿酸値を上げることにつながります。

また、ストレスを受けても尿酸値は上がります。

 

こうした環境要因が一番、尿酸値上昇の原因と関係しているため、

高尿酸血症は生活習慣病と言われています。

 

遺伝や年齢、性別は変えることができませんが、生活習慣は自分の力で変えることができます。

遺伝があっても、生活習慣の改善により、高尿酸値を改善することは可能なのです。

 

また、痛風に遺伝的な要因はあるとはいっても、

そもそも家族は同じような生活習慣をしていることも多いので、

それが高い尿酸値の原因であることも考えられます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL