尿酸値が7のギリギリ正常範囲でも・・・

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値が高いと、

いわゆる痛風の症状が出ることがあります。

これは主に足の親指の付け根が突然激しく痛むもので、

体内の尿酸が排出されずに結晶化することで痛みを引き起こすのです。

 

尿酸値が7と言うとギリギリ正常範囲内ですが、

痛風発作が出るのは個人差があり

7以下の低い数値でも発症する人もいれば、

高くても無症状の人もいます。

 

尿酸値が高くても自覚症状がなければ放置しがちなので、

健康診断などで数値が高いから対策をと言われた時が、

自分の体を健康にするためのチャンスです。

 

数値がやや高いという時点で医師の診察を受けることはお勧めです。

症状がなければ診察を受ける必要はないだろうと思われがちですが、

尿酸値の高い状態を放置しておくのは、

親指が痛むことよりもさらに恐ろしい症状を引き起こす恐れがあるのです。

 

結晶化した尿酸は体内のあちこちに溜まり、

足の親指以外の関節の痛みを引き起こしたり、

ひどくなれば死に至るほどの深刻な合併症が起こる可能性もあります。

 

痛風と言うと、贅沢して起こる病気だと認識されているようですが、

確かに肥満やプリン体の取り過ぎと言った

食生活のバランスが崩れた状態で発症しやすいようです。

 

しかし、それ以外にもストレスや激しい運動によって

数値が高くなることもあるので、肥満であるとか

ビールの飲み過ぎが当てはまらない人も油断はできません。

 

遺伝的に尿酸値が高いという人もおり、

食生活以外でも管理が必要になる事もあるので、

やはり正常値ギリギリなら医師に相談したほうが無難です。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL