痛風とピーナッツの関係性

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風とは、血液中の尿酸値が高くなることで、

足の指や足首、また膝などに強烈な痛みを

発するという急性の関節炎です。

 

この尿酸値を高くする原因となるのは、

食品に含まれるプリン体と呼ばれる物質です。

このプリン体が体内で分解された時の副産物として尿酸の結晶ができます。

これが関節に溜まることで激痛が起こるのです。

 

プリン体を多く含むお酒や食品を過剰摂取することで

血液中の尿酸値は上昇します。

また、不規則な生活やストレスなどによっても

尿酸の生産量が増えるということもわかっています。

 

その他にも、先天的な体質や薬の副作用として

この症状が現れることもあります。

 

ピーナッツを食べると痛風になりやすいと思われている方も多いと思います。

しかし、実際には、プリン体の多いビールなどの酒類と

一緒につまみとして摂取することが多いため

そういう風に思われているということが考えられます。

 

痛風の原因となるプリン体は、実際の所、

ピーナッツにはそれ程多く含まれていません。

そのため、ピーナッツを食べることで

痛風の原因になるとは一概には言えないのです。

 

しかし、ピーナッツはタンパク質や脂肪分を多く含むため、

高いカロリーがあります。

痛風の治療を行うためには、プリン体を多く含む食品や

酒類を控えることはもちろんですが、

カロリーを減らす食事療法を行うことが必要となります。

そのため、体質を改善して尿酸値を減らすためには、

ピーナッツの摂取を控えることが大事です。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL