痛風の原因と治療薬と気をつけるべき事について

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

薬剤師をしている者です。

痛風にかかっている患者さんの担当をすることも多く、

よく受ける質問や相談についてまとめましたのでご紹介します。

 

 

痛風の薬を飲んでいれば痛風は完治するか?

残念ながら現代の医学では痛風を完治させる薬は作られていません。

そもそも痛風の原因である尿酸はビールなどに含まれるプリン体を摂りすぎなくても

常に体では生産されるものなので、体から完全に排出しきる事は不可能なのです。

比較的に若い方であれば、薬で体内の過剰な尿酸を抑えつつ、

ビールなどの飲酒やレバーや干物に含まれるプリン体を控えるといった

生活習慣の改善により尿酸値がコントロールできるようになれば薬が中止に出来ることもあります。

 

しかし、一度の検査で尿酸値が異常値から正常値に戻ったからといって

尿酸値がコントロールそれていると決まるわけではありません。

何度かの検査を受けて正常値を保つことができ続けることで、

やっと薬の中止を医師が考えてくれるので長い時間をかけて治療しなければなりません。

 

逆に高齢者の方の場合であれば、腎臓が弱っている為に

尿酸が尿から排出されにくい状態で体内に溜まりやすくなるので、

生活習慣の改善を行っても、尿酸値が高い値を示しやすい為、

尿酸を下げる薬を一生飲み続けることが多いです。

 

 

検査で尿酸値が高いと必ず痛風発作が起こるのか?

基本的に尿酸値が基準値以上の場合は痛風が起こりやすい状態を示しており、

必ずしも痛風が起こるわけではありません、

自分が担当している患者さんの中で尿酸値が高いにも関わらず、

缶ビールを1日6本は飲んでいるおじいさんがいるのですが、ここ10年痛風発作をおこしたことがありません。

体質的に痛風発作が起こりやすい人と起こりにくい人がいるらしく個人差がある様です。

 

尿酸値を下げる薬にはプリン体から尿酸が作られる過程を妨害し、

尿酸が作られ過ぎるのを防ぐタイプと体内で過剰になった尿酸を

尿から排出しやすくするタイプの2種類があります。

 

尿酸の生成を抑えるタイプの薬にはアロプリノールやフェブロキサットがあります。

アロプリノールは昔から使われてきた薬ですが、腎臓に負担をかけてしまうので、

腎臓の悪い方には量を減らすか、使用してはならないとされています。

 

フェブロキサットは比較的最近出てきた薬で腎臓が悪い方にも使用できます。

尿酸を尿から排出させる薬にはベンズブロマロンやプロベネシドがあります。

この2つはどちらも腎臓に負担をかけてしまうので腎臓の悪い方には使用できません。

アロプリノールとベンズブロマロン、プロベネシドはジェネリック品が存在するので、医療費が安くなります。

薬局で伝えると良いでしょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL