痛風の歴史

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風は英雄や天才に多い病気として有名で、特に王侯貴族に多かったことから、

かつて「帝王病」や「ぜいたく病」とも言われた痛風は、

今や誰がかかっても不思議ではない病気です。

 

日本には現在、痛風患者が約60万人、

そして痛風予備軍である高尿酸血症の人が約600万人もいるといわれています。

その数は、10年前と比較すると、なんと2倍に増加しているのです。

最近では20代、30代といった若い人の痛風患者が増加していることも関係しているのでしょう。

西洋においては、痛風は非常に古くから知られた病気でした。

多くの歴史的人物が痛風に苦しめられていた記録があります。

 

古代マケドニアのアレクサンダー大王、フランスのルイ14世、

芸術家のミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、

文豪ゲーテ、物理学者ニュートンなどなど。

 

歴史的人物にこれほど痛風もちが多いのは、何事にも積極的な、いわゆる「痛風気質」があり、

活動的な、できる男が多いため、時代の表舞台に立った結果なのかもしれません。

 

その一方で、日本では戦前までは痛風という病気はほとんど見られませんでした。

痛風患者が増え始めたのは戦後60年代以降のことです。

 

日本経済が豊かになり、高たんぱく・高脂肪の欧米型食生活に変わったこと、

飲酒量が増えたことなどが原因として考えられています。

 

生活の変化に歩調を合わせるように患者数が増えたことからも、

痛風の発症に生活要因のかかわりが深いことは明らかです。

 

遺伝的原因は関わっているとはいえ、やはり痛風は飽食の時代の病気なのです。

 

社会が豊かになって栄養事情がよくなると増え、

戦争などで栄養事情が悪化すると減ることも知られています。

 

今では痛風は、ぜいたく病というより、バリバリ働く人によくある生活習慣病になりました。

エネルギーの出し入れの多い生活は、

企業社会の戦士にも、古の英雄たちにも共通することのようですね。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL