痛風は雨が降る時期に痛くなる?

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風は尿酸値が高くなることで、関節がとても痛くなる病気です。

尿酸が体内で結晶化してしまい、それが関節などを刺激して傷みが発生します。

傷みは我慢する事が出来ないレベルのもので、

歩いたり靴を履いたりすることもままならなくなります。

 

最近はとても良い薬なども出てきていますので、

治療をきちんと受ければ症状を改善することも可能です。

ですが放置してしまうと体のあちこちに傷みが広がりますし、

他の病気を引き起こすことも有るので注意が必要です。

 

傷みが起こることを痛風発作と呼ぶのですが、

通常の場合だと1週間ほどで傷みが治まります。

この痛風発作は、雨が降ると起こりやすいと一般的に言われています。

特に季節の変わり目の雨が降る時期に、顕著に起こるようです。

 

また逆に、痛風発作が起こると雨が降ると言われているくらいに正確で、

気温や気圧や湿度などが密接に関係しています。

ですから雨が降る時期には、患者が増える傾向に有ります。

 

もし心当たりがあるのなら、梅雨や季節の変わり目の前には

病院で診察を受けるなどして、注意をしておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに痛風を予防するには、食生活を見直すことがとても大切です。

まずはプリン体を含んでいる食品は、取らないようにするようにしましょう。

プリン体は、レバーやしいたけ、カツオ、たらこなどに多く含まれています。

プリン体の一日の摂取量の目安は、400mgとなっていますのでそれを超えないように注意しましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL