痛風以外に害はない?

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

高尿酸血症を放置していると、尿酸値はますます高くなり、

痛風発作を起こす危険も高くなります。

 

発作は痛みを伴いますから、発作を起こした人は

高尿酸血症の治療に取り組みますが、

高尿酸血症が必ず痛風につながるとは限りません。

 

痛風を発症していない無症候性高尿酸血症は、長期間放置されてしまいがちです。

しかし、高尿酸血症の状態では様々な組織や臓器が痛んでいて、

これが別の新しい病気発症に繋がります。

 

尿酸値上昇で怖いのは痛風だけではありません。

尿酸値が高いまま放置すると、尿路結石や腎障害を引き起こすこともあり、

重症になると透析が必要となるケースもあります。

 

さらに、高血圧症や動脈硬化、脳血管障害、虚血性心疾患など、

全身にわたって深刻な合併症をもたらすこともあるのです。

 

 

腎障害と尿路結石

高尿酸血症の代表的な合併症が、腎障害や尿路結石です。

 

腎臓は血液中の老廃物を排泄するだけでなく、

必要な成分の再吸収や体内の水分量の調節など、重要な働きを担っています。

 

尿酸のろ過や再吸収も腎臓の仕事ですが、尿酸値が高い状態が続くと、腎臓への負担が大きくなり、

処理しきれなくなった尿酸は結晶化して腎臓組織に沈着、腎機能を低下させます。

 

腎障害が進行すると、腎不全となって人工透析が必要になることもあります。

また、尿中に排泄される尿酸の量が多くなると、尿酸や他の成分が結晶をつくって次第に大きくなり、

小さな石のようになる結石をつくります。

これが尿の通り道である尿路にできるのが尿路結石です。

 

結石の多くは腎臓でできて尿路を流れていきますが、途中で詰まると激痛を起こします。

 

高尿酸血症では、症状が出る前の早めの治療と、定期的な検査がたいへん重要だということです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL