ダイエットと尿酸値

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

肥満の人が体重を減らすときは、

食べる量を減らして摂取カロリーを制限します。

 

そうすると糖質が足りなくなりますので、

体内に蓄えられていた脂肪が分解されて、

エネルギー源として使われるため、

余分な脂肪が減って体重が落ちるのです。

 

しかし、急激にダイエットをすると、脂肪が分解されるときに、

ケトン体という物質ができて、ケトン血症という病気になることがあります。

 

ケトン血症になると、血液中にケトン体が増えて、尿酸が排泄されにくくなるので、

尿酸値が高くなり、高尿酸血症になります。

 

さらに絶食をすると、体内に栄養分が全く入ってこなくなりますので、

細胞組織が壊れて核酸が分解され、尿酸がさらに増加してしまいます。

 

 

内臓脂肪と尿酸値

内臓脂肪からは、様々なホルモンのような物質が分泌されています。

そのひとつである、アディポネクチンという物質は、高尿酸血症や

痛風と深くかかわっていることがわかってきました。

 

アディポネクチンは、内臓脂肪が過剰になると分泌が減少します。

このような状態では、尿酸値は高くなります。

 

逆に、分泌が増えると尿酸値は低下します。

このことからも、高尿酸血症と内臓脂肪型肥満が密接な関係にあることがわかります。

 

アディポネクチンは、糖尿病とも関連があります。

アディポネクチンの分泌量が低下すると、ブドウ糖が効率よく使われなくなり、血糖値が上昇します。

 

余ったブドウ糖は中性脂肪に姿を変えて脂肪細胞に蓄積されます。

そのことで、さらにアディポネクチンが減少するという悪循環を起こすのです。

 

アディポネクチンは血圧にも影響を与えます。

アディポネクチンが減少すると、インスリンの働きが低下し、

腎臓の塩分排泄機能が落ちて血圧が上昇するのです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL