ビタミンCと尿酸値

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値の検査の時に、ビタミンCを飲んでいると、

実際よりも検査値が低くなってしまう検査法があるので

注意が必要です。

 

オートアナライザー法という検査法で用いている試薬が、

ビタミンCの影響を受けるために起こる現象です。

 

この検査法で尿酸値を測定するときは、検査日の3~5日前から、

ビタミンCの服用を中止することが必要になります。

 

どうしてもビタミンCの服用をやめられない場合は、

ビタミンCの影響を受けない尿酸値の検査法もありますので、

あらかじめ医師に伝えるようにしましょう。

 

 

果汁100%ジュースも危険

水分とはいっても、ジュースや甘いソフトドリンクの中には、

かなりの果糖や砂糖を含み、高カロリーのものがあります。

 

飲み口のさわやかな炭酸飲料も例外ではありません。

やはり水分は、水やお茶にすべきです。

 

ジュースや果物にはヘルシーなイメージがありますが、

果糖は炭水化物のなかで唯一、尿酸値を上昇させるといわれています。

 

フルーツジュースや果糖の多い果物の摂取量が多い人ほど、

痛風の発症率が高い傾向にあるという報告もあります。

 

最も果糖摂取量の多かった人たちの痛風リスクは、

1日に30~50gのアルコール摂取のリスクと同等ということなので、あなどってはいけません。

 

砂糖も果糖とブドウ糖からできています。

清涼飲料水によく使われるコーンシロップも高濃度の果糖を含んでいるので、覚えておきましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL