ビールをプリン体の少ない発泡酒に変えれば良い?

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値上昇の要因として、

ビールに含まれるプリン体を

多量に摂取することが関係しているといわれています。

 

そこで、近年は、プリン体の含有量が少ない、

もしくは0といった発泡酒などが発売されるようになりました。

これらの商品は、特に健康を気にする中高年の世代において、

大きな人気を集めています。

 

しかし、プリン体は、ビールに限らず、他の食品にも含有されるもので、

いくらビールを低プリン体の発泡酒に変えたところで、

これらの食品を多量に摂取していては、結果は変わらないでしょう。

 

例えば、鶏のレバーとビールを比較した場合、

同質量で計算すると鶏レバーにおける含有量は60倍にも匹敵します。

その他にも、健康に良いとされている青魚である鰹なども、

40倍の含有量があります。

 

もちろん、ビールは多くの方が簡単に500ミリリットルを飲むことができますが、

鶏レバーを500グラム食べるのは大変でしょうから、

単純に比較することはできませんが、

これらの食品を多量に摂取することは、

いくら晩酌のお酒を発泡酒に変更していたとしても

尿酸値の上昇を抑えることにはつながらないでしょう。

 

また、アルコール飲料自体が尿酸値の上昇に

少なからず関係しているものですから、

いずれにしても飲みすぎれば尿酸値は上がってしまいます。

もしも尿酸値の上昇により、痛風を発症してしまったら本当に痛くて大変ですから、

そうなって後悔しなくても良いように、

日頃から注意をした食生活を送らないといけません。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL