冷え性と尿酸値

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸値が高めの人は、

体の冷えにも注意しましょう。

 

冷えは、運動不足や食事内容の偏り、

強いストレス、ホルモンや自律神経の乱れ、

動脈硬化などによって起こります。

 

尿酸値と冷え性の関係で注意したいことには2点あります。

1つは、腎臓の動きが低下して尿がスムーズにつくれなくなることです。

老廃物である尿酸が自然に排泄されずに体内にたまり、

濃縮されて結晶化し、痛風発作を引き起こす危険性があるのです。

 

もう1つには、もともと尿酸には、溶けにくく結晶になりやすい性質があり、

血中温度の低下によっ尿酸溶解度も下がるのです。

 

尿酸溶解度は、血中温度から37度から30度に下がると3分の2に、

25度に下がると2分の1以下になってしまいます。

このため痛風発作は足先や手指の関節に起こりやすいのです。

足先や指先が冷たい人は、注意が必要となります。

 

体が冷えると、血管が収縮して血行が悪くなるため、抹消血管まで血液が行き渡らなくなってしまいます。

その結果、新陳代謝がスムーズに行なわれなくなり、免疫作用も働きにくくなります。

冷え性の人が太りやすく、病気になりやすいのはそのためです。

 

体を冷やさないことは、痛風の予防にはもちろんのこと、合併症である尿路結石や腎障害の予防、

また高血圧や肥満など、動脈硬化の進行につながる生活習慣病の予防にも効果があります。

 

体を温めるには、体の外側からと内側から温める方法があります。

外側からは、足湯をする、ぬるめの湯に入浴する、体を温める下着をつける、など。

内側から温める場合は、温かい飲み物を飲む、体を動かすなどの方法があります。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL