実父の痛風は思わぬ症状から発覚しました。

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

実父は痛風を発症して約10年になります。

尿酸値は健康診断では毎回基準値を上回っており、

本人は少しでも尿酸値を下げようとして

よく飲んでいたビールや好きだったお菓子などをやめて対策をしています。

 

最初は尿酸値を下げる薬を服用していたのですが、

副作用で体調が悪くなったことから途中で中止しています。

薬をやめた代わりに食生活を改善させたことから、

現在は尿酸値は少し落ち着いた状態になっています。

 

この痛風ですが、実父の場合は健康診断で発覚したのではなく

思わぬ症状からいろいろ検査をした結果、明らかになったものです。

 

今から10年ほど前、実父は突然足首の痛みを感じるようになりました。

最初は整形外科を受診して捻挫と診断されたのですが、

湿布を貼ったり安静にしたりして様子を見てもなかなか症状が落ち着かない状態でした。

 

この足首の痛みは日によって違い、ほとんど症状を感じない日もあれば

歩けないくらいにひどく感じることもありました。

そのため本当は捻挫ではなく、別に大きな疾患にかかっているのではないか

という危機感を感じて総合病院を受診することになりました。

 

実父はもしかしたら重大な疾患を抱えていて、

そのせいで足に痛みを感じるのではと思っていたようです。

 

そして総合病院でさまざまな検査をした結果、

この足の痛みは痛風から来ているという思わぬ診断をもらい驚いたそうです。

 

実父は尿酸値の上げやすいビールは飲むのですが、

飲んだとしても数日に1回などその量は少ない方でしたし、

プリン体の多く含まれている食品もそれほど多く摂取していませんでした。

さらに尿酸値に関しても基準値ぎりぎりには入っていたため、

医師からはそのことについて指摘されることもなかったそうです。

なのでなぜ自分が痛風になったのか全く理解できない状態でした。

 

しかしながら当時はあられなどのお菓子が好きで、

食事量自体もも多かったことから、

そこで普段の不摂生を自覚して健康的な食生活に切り替えることにしたそうです。

そして痛風の治療薬の服用と食生活の改善をした結果、

自然に足の痛みは落ち着いてなくなったそうです。

 

ただそれ以降不定期に痛風が原因と思われる足の痛みを多少は感じることがある上に、

尿酸値も以前よりは下がったとはいえ基準値をまだ少し上回っている状態です。

このことから現在でもいつ痛風の症状としての足の痛みが起きるかわからないということで、

常に自分の体には気を付けているそうです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL