尿酸値が高いなら肥満解消も効果あり

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

健康診断で尿酸値が高いと結果が出た方やすでに痛風の発作が出てしまった方、

太っているもしくは太ってきたと感じていませんか。

 

私自身痛風になったのが20代中盤、

太り始めて健康診断でもコレステロールが高いなど典型的な肥満の結果が出ていました。

また周囲の痛風持ちの人達も肥満気味だったりします。

尿酸値が高いと高血圧など合併症を起こすこともあるのでダイエットを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

■肥満と痛風の関係

痛風は高血圧や糖尿病とともに生活習慣病に数えれますが、

どれも「肥満」が原因やきっかけになっている事が多いです。

お腹が出ていたり弛んでいるのであれば分かりやすいのですが、

一見スマートに見える人でも肥満だったということがあるのです。

 

それは「内蔵脂肪」が多い場合です。

その名の通り内蔵に付く脂肪ですが、脂肪肝のように組織が脂肪に置き換わるのではなく

「臓器の周囲に脂肪が付く」状態を言います。

この内臓脂肪が多いと尿酸値が高くなる傾向があり、

痛風の発症する確率も上がるということが研究で示されたようです。

逆に考えれば内臓脂肪を減らせば尿酸値も下げることが出来るということにも繋がります。

 

 

■脂肪を貯める食事に注意

太ってきているということは食事や生活に何らかの原因があることは明白です。

実際に発症したころの生活を思い返してみると

「大食いと早食い」「深夜残業や徹夜」「運動不足」と体に良いことは全くなかった時期でした。

これに当てはまる方も多いのではないでしょうか。

 

まず始めにやっていただきたいのは「食事の見直し」です。

あくまでも「見直し」であって「制限」ではありません。

「制限」として捉えてしまうと極端に制限してしまい、別の体調不良を起こしかねないので注意してください。

 

見直しにあたって1日の食事時間と内容をチェックしてみましょう。

米やパンなどの炭水化物と肉や揚げ物など脂質ばかりを食べ、野菜や海藻が少なくなっていませんか。

特に炭水化物は脂肪として溜め込みやすいので肥満の原因となりやすいでのす。

 

まずは炭水化物と脂質の多い食べ物を減らし、減らした分を野菜に置き換えてみましょう。

そしてゆっくりと良く噛んで食べるようにしてください。

ゆっくり食べることで一気にお腹に入らなくなるため満腹感も得られるようになります。

 

また野菜の中には利尿作用があるものが多く尿酸はオシッコとして排出されるので、

積極的に摂取していただきたいです。

ただ腎臓に負担がかかるため、すでに腎臓の機能が弱っている場合は摂取のし過ぎに注意してください。

 

 

■過度な運動はぜずに適度に体を動かそう

もちろん食事だけではなく運動も必要になります。

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて消費しやすいので早くエネルギーとして働いてくれるため、

運動をして体を動かせば食事と合わせ効率よく脂肪を落とすことができます。

しかしこれにも注意点があります。

 

急激に体を動かしたり激しい運動をしてしまうと汗を大量にかいてしまいます。

そうすると体の水分が減り血液の濃度も上がるので、血中の尿酸の濃度も同時に上がることになります。

尿酸の濃度が上がってしまうと痛風の発作を起こすことにも繋がってしまいます。

焦らずゆっくりとウォーキングやストレッチから始め、徐々に負荷を上げていくようにしましょう。

 

肥満が解消されれば痛風だけでなく他の生活習慣病に対してのリスクも減ることになります。

痛風は発作の痛みだけではなく他の合併症を起こす危険性があるので、

薬だけに頼らずダイエットをして健康な体を目指してみてください。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL