痛風もちの食生活

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風を発症してしまってからの食事内容を書いていきたいと思います。

痛風にはプリン体が良くないという事を調べ、

プリン体を多く含むものをできるだけ食べないようにしています。

 

お酒好きだったため、しらこや明太子がお酒のつまみになっていましたが、

プリン体が多いと聞いてからは食べないように気を付けるようになりました。

 

尿酸を減らすためにわかめや海草がいいため、

朝はわかめの味噌汁とわかめうどんとわかめのふりかけを加えたおにぎりのローテーションです。

ヒジキのお惣菜も小鉢で毎日いただきます。

 

またクエン酸がいいという事も聞きました。

すっぱいものは、食べる時点では酸性ですが、体内で吸収され消化されるときにアルカリ性になるのだそうです。

尿酸をできるだけ尿にとかしてトイレで出すのがいいのですが、

尿があまり濃い酸性だと尿酸が溶けないのだそうです。

それでアルカリ性物質があればそれを中和してくれるためクエン酸はいいそうです。

 

ビタミン剤のサプリでクエン酸を取り、レモンや梅干し、グレープフルーツ、

すっぱいものを常に冷蔵庫にストックしておきます。

これらはデザートです。

レモンを薄切りスライスして、砂糖漬けにして食べるとおいしくいただけます。

 

それから、尿を増やすために水を沢山飲むようになりました。

これは結構大変でした。

甘いジュースやカフェインは逆効果だそうで、お茶や水でないとダメなのです。

しかしただの水を何リットルも飲むのは結構大変なので、小分けにして、ちょっとずつ飲んでいます。

それでもトイレに行く回数も増えるので仕事中だと恥ずかしく、

外にいるときに急に尿意が来るとそばにトイレもないので気を使います。

なかなか苦労しています。

 

夕食はこれも気を使います。

お肉や魚が好きだったので、食事制限はしたくありませんでした。

ほっけやアジの干物などをいままでメイン料理としてよく食べていたので、我慢するのが悲しいのです。

居酒屋にも行けなくなりその分のストレスをやっぱり食べることで発散してしまっていたので、

コメをどんどん食べていました。

結局5キロほど太ってしまいました。

 

痛風には肥満も悪いので、食事制限にプラスしてダイエットもしなくてはいけない羽目になり、

しかし運動は嫌いでした。

それで、口の寂しいのを何とかしようと思いつきました。

 

私の体質かもしれませんが、スパイスの効いたものを食べると満足度が高く、

足もむずむずしないという事が分かりました。

インドカレーや香辛料たっぷりのスープだと野菜が自然とたくさん食べられます。

紅茶にもシナモンやナツメグを加えてスパイシーにするのがいいようで、

太ってしまってからは、そういったものを良く飲むようになりました。

口が寂しいときに唐辛子のスープを飲むと、それからしばらくは何もなくても大丈夫だったのです。

 

そういった食生活を今でも続けています。

痛風の発作に襲われることは最近ではなくなりましたが、

やっぱり魚や酒やおつまみが恋しくなります。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL