発作が起こる前兆に気づき対処しよう

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

すでに痛風の診断を受けた方はもちろん、

病院には行っていないがこの痛みはもしかしてと思った方も、

本格的な痛みを感じる前に何かしらの違和感を感じていたのではないでしょうか。

その時に上手く対処すればあの激痛を回避できるかもしれません。

 

 

■こんな感じがしたら要注意

何となくいつも痛くなる部位がムズムズしたりピリピリする、

痛みは無いが患部の関節が動かしにくいなど感じられた場合、

発作を起こす前兆かもしれません。

 

私の場合には前述の他に全身の血流が鈍るような、

粘度が上がっている感じが2、3日前にします。

その時点ですでに尿酸ナトリウムの濃度が上がり、

発作を起こす一歩手前になっている恐れがあります。

できるだけ症状を抑えるため、できる事を行うようにしましょう。

 

 

■食事に気をつける

これは言わずもがな、痛風患者には常に考えなければいけない必須な事です。

できるだけプリン体の量を減らし、血液サラサラ成分を含んだ食品を摂るようにしましょう。

ただ高血圧の治療で薬を飲んでる方は血液サラサラ成分が問題になる可能性があるので注意が必要です。

 

 

■水分を多めに飲む

血液中の尿酸ナトリウムの濃度が上がっているので水分を多く摂り、

濃度を下げるようにしましょう。

痛風対策にために運動してる方は特に気を付けて下さい。

運動により発汗しますが、運動後だけではなく

運動前・運動中にも十分に水分補給をするようにしたほうが良いです。

またお風呂も多くの汗をかくことになるので注意が必要です。

十分な水分を摂りそして尿で排出することを心掛けてください。

 

 

■最期の手段は医師に相談

仕事や長期の旅行で何があっても発作を起こすことは避けたいという方は、

医師に相談することをお勧めします。

「コルヒチン」という薬なのですが発作前に一錠を飲んでおくと発作を回避することができます。

しかしこれを使用する場合には医師からの注意事項を厳格に守る必要があります。

 

それは副作用。

予兆がある度に飲んでしまうと激しい腹痛・下痢・嘔吐などを起こしたり、

また酷い場合には染色体異常を起こすこともあります。

それだけ人体へ影響を起こす強い薬だということです。

しかし効果は抜群で、発作後2、3時間以内ならば90%以上ので改善が期待できます。

時間が経過するにつれて効果が薄れていくので、服用する場合はできるだけ早く飲むことが重要です。

 

結局のところ、痛風になった場合は

「食生活を見直す」

「水分補給と排出に気を使う」

「運動をして肥満にならないようにする」

という健康的な生活が改善の近道なのかもしれませんね。

 

前兆に注意しつつ、この生活を2年続けたところ尿酸値が下がってきて

発作の回数も劇的に減らすことができましたよ。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL