ビールと尿酸値

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

「尿酸値が高い人はビールを控えるべき」

ということはよく知られています。

 

しかし、「ビールをやめて焼酎にすれば大丈夫」。

「プリン体の少ない発泡酒にすれば大丈夫」。

というのも、間違いです。

 

確かに、ビールに含まれるプリン体は吸収がよいため、摂取を控えた方がいいのですが、

アルコールに含まれるエタノール自体にも、体内で尿酸をたくさん作ると同時に、

腎臓で尿酸の排泄を低下させる作用があります。

さらに、どんなお酒にも多くのプリン体が含まれています。

 

アルコールをたくさん取る人ほど、痛風を発症しやすくなるのは事実ということです。

尿酸値が高い人は禁酒するのが一番の理想ですがそれが難しい人は適量を守って飲むように。

 

アルコールの1日の適量としては、ビールの場合、ロング缶1本。

特にビールには多量に含まれていて大瓶1本飲めば、

1時間後には尿酸値が「1mg/dl」上がるといわれています。

1本で止めておけば、数時間後には尿酸値は元通りになりますが、

大量に飲んだり、毎日飲んでいれば尿酸値は高いままの状態で維持されてしまいます。

 

ワインの場合、グラス2杯、日本酒の場合、1合、焼酎の場合、2分の1合となります。

また、週2日は休肝日を設けるようにしましょう。

 

最近は「プリン体0」をうたってる発泡酒も販売されていますので、

尿酸値を気にする方は、できるだけそういった類のお酒を飲むように。

 

注意してほしいのは、アルコールには利尿作用があるので、

ビールなどをたくさん飲んでも水分補給の役目を果たしません。

尿が濃くなって尿酸値が上昇するので、お酒と同量の水を飲むようにしましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL