水を1日2リットル

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

尿酸を溶けやすくする一番手っ取り早い方法は、

水分をたくさんとって尿量を増やすことです。

 

水分を多くとると尿酸ナトリウム結晶を流しだす作用が働き、

腎臓からの尿酸の排泄もよくなります。

 

尿酸の約7割は尿から排泄されるため、尿量が少ないと尿酸値が高くなります。

健康な人の1日の量は1.2リットル程度と言われていますから、

尿酸値の高い人は予防の為にも倍近い2リットルぐらいの尿を排泄するのが理想です。

 

そのためには、こまめに水分補給をして、尿酸の排泄を促しましょう。

尿をアルカリ化するために、目標としては、1日2リットルの水分を摂ると効果的です。

 

人の体は、摂取する水分と失われる水分はほぼ同量で、

成人の場合、1日約2.5リットルといわれています。

 

摂取する水分は、食事、飲み水、代謝により体内で作られる水の3つですが、

このうち、飲み水から摂っている水が約1.2リットルと言われています。

つまり、尿量を1日2リットル確保するためには、

いつもより800ミリリットル(コップ4杯ほど)多く飲む必要があるのです。

 

水分補給に最も適している飲料は水です。

麦茶、緑茶、ウーロン茶なども良いでしょう。

 

一方、糖分を含むソフトドリンク類は、摂りすぎるとエネルギーオーバーになるだけでなく、

尿酸が上昇して痛風の発症リスクが増える危険性もあるので、できるだけ控えるようにしましょう。

また、アルコールは体内で尿酸を作ったり、

尿酸の排泄を抑制する働きがあるので、水分補給には適していません。

 

水は一度に大量に飲むのではなく、

起床時、食事時、入浴の前後、就寝前などに、コップ1杯程度をこまめにとるといいでしょう。

 

暑い季節に大量の汗をかいたときや、スポーツのあと、サウナのあとなどは尿酸値が上昇しています。

こういった場面で飲むビールは格別ですが、尿酸値を急上昇させてしまいますので要注意です。

汗をかいたときは、必ず水を飲むようにしましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL