治療のタイミング

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

高尿酸血症の状態を放置すると、

痛風発作を起こす可能性が高まるだけでなく、

恐い合併症を発症する危険も出てきます。

 

高尿酸血症と診断sあれたら、適切な治療を受ける必要があります。

 

尿酸値が7.0mg/㎗を超えると、高尿酸血症と診断され、その際、痛風の症状があるかないか、

また合併症があるかないかをみて、治療法が決められます。

 

特に痛風発作を発症した人は、再発作を起こさないためにも

尿酸値を6.0mg/㎗以下に維持することが望ましいとされています。

 

これは、関節液中で尿酸は6.7mg/㎗w超えると結晶化するからで、

再発作を起こさないためになにより低い値を目標にするためです。

 

高尿酸血症の治療の大きな柱として、生活習慣の改善と薬物療法があります。

通常、痛風を発症したら生活習慣の改善とともにすぐに薬物療法も開始されます。

 

無症候性高尿酸血症でも、合併症があって、尿酸値8.0mg/㎗以上であれば、

また合併症がなくても尿酸値9.0mg/㎗以上であれば、薬物療法を検討します。

 

一方、尿酸値9.0mg/㎗未満で痛風や合併症がなければ、生活習慣の改善から始めます。

いずれにしても、生活習慣の改善は高尿酸血症治療の基本となります。

 

高尿酸血症の治療の目標は、尿酸値を下げ、それを維持して合併症を防ぐことにあります。

 

治療を開始すると、それまでは何もしなかったわけですから、尿酸値は少しずつ下がっていきます。

しかし、これで治療をやめてしまうと再び尿酸値は上がってしまいます。

 

これは尿酸値を上げている原因が取り除かれたわけではないからで、

高尿酸血症の治療には気長に取り組み必要があるということです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL