若くても痛風は発症します

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

 

初めての痛みは今でも覚えています。

当時は脱臼をしたと思っていたくらいです。

今思えば最初の発作だったのかもしれません。

 

まだ20代前半のころ、階段の段差に足の親指を強打し腫れてしまいました。

数日たっても痛みは収まりません。

念のため湿布をし、安静にしていました。

 

そのうち痛みも引くだろうと病院に行くことなくそのまま痛みも引きました。

初めての痛みから数年間は肉体労働をしていたので、体も引き締まっていて病気とは無縁でした。

 

数年後、肉体労働から事務仕事に変わったとき

仕事中、特にぶつけたわけでもなく親指の付け根に激痛が走りました。

 

また脱臼したと思いましたが、同僚から「痛風じゃないの?」と言われました。

まだ若かったのもあり、痛風になったと思いたくもなかったのですが

念のためその日は早退し、近所の整形外科のある病院に行きました。

 

血液検査やレントゲンを撮り、しばらく待ち結果を聞くと

「尿酸値が高いです。痛風発作ですね」と言われました。

 

当時、まだ結婚していなく好きなものを好きなだけ食べていました。

深夜の暴飲暴食もよくありました。

肉体労働から事務仕事になり体を動かす機会もなくなり体重も増加、そのうえ不摂生がたたり痛風。

父親も痛風になったことがあったためどんなものかは想像ができましたが、

まさか自分がなると思いもしませんでした。

 

痛風になり、薬を処方されました。

痛風とはどんなものか、どんな食べ物がダメなのかいろいろインターネットで調べました。

野菜を食べる、暴飲暴食はしない。

実は痛風には私の好きなものばかりダメなものが多いことをはじめて知りました。

 

いろいろ制限ばかりしてもストレスが溜まり続かないので、

自分なりにどんなことが合っているのか考えました。

 

食べることが好きな私は、野菜を積極的に食事に取り入れることから始めました。

学生のころ運動をしていて辞めてからも食べる量は同じでしたので、

炭水化物中心の食生活から野菜中心の食生活にしました。

 

1か月に何度かたくさん食べたい日があり、

そのときに限ってはすきなものを好きなだけ食べるようにしました。

 

翌日からは野菜中心の食生活。

そのおかげか体重は減っていき尿酸値も少しずつですが下がってきました。

食生活以外には水をたくさん飲むことを心がけました。

 

今では発作が起きそうなときにピリピリ鈍痛を感じます。

その後発作になるときもあれば収まるときもあります。

痛風発作は激痛なのでもう味わいたくありません。

予感がしたときにはいつも以上に水を飲むようにしています。

数日後には収まって発作回避できることも多くなりました。

 

生活習慣病とうまく付き合うには長い年月がかかりますが、

ストレスをためることなく付き合うのが理想です。

薬の飲み忘れをせずうまく付き合っています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL