高プリン体食品

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

人の体内では常にプリン体がつくられていると同時に、

食べ物からもプリン体を取り入れています。

 

プリン体が肝臓で分解されて尿酸が作られるため、

プリン体を多く含む食品をとりすぎないことが、

尿酸値を下げるための一つのポイントとなります。

 

プリン体は細胞の核を構成する成分なので、ほぼ全ての食品に含まれています。

気にしすぎると何を食べればいいのかわからなくなってしまいますが、

特に、細胞数の多いものや、細胞分裂の盛んな部分に多く、

また、うまみ成分を含んでいるので、おいしいものに多いのも特徴です。

 

100gあたりに200mg以上のプリン体を含むものを高プリン体食品といいますが、

具体的には、動物の内臓や魚の干物などが上げられます。

レバーやさんまの干物、かつおなどです。

 

そして、意外なのが、健康効果が高いことで知られている納豆ですが、

大豆製品の中ではプリン体の多い食品なのです。

納豆は1日1回を限度としておきましょう。

 

また、健康食品やサプリメントにもプリン体が多く含まれているものもあります。

プリン体は成分名でいうと、アデニン、グアニン、ヒポキサンチン、キサンチンといいます。

サプリメントを購入する際は、成分名を必ず確認するようにしましょう。

 

他にも、プリン体を多く含む食品には「卵」がありますが、

ゆで卵や目玉焼きをたくさん食べたからといって、プリン体が増えるわけではありません。

プリン体は細胞の数に比例しますから、

1つの細胞からできている鶏卵にはプリン体は少なく、

多数の細胞でできている、例えばタラコなどに多いのです。

 

尿酸値が気になる人は、これらをできるだけ控え、

プリン体の摂取量を1日400までに抑えるのが目安です。

 

ところが、プリン体は肉や魚などのタンパク質源に多く含まれているので、

厳格に制限しようとすると、栄養バランスが崩れ、

免疫力が低下したり、他の病気をまねいてしまう危険性があります。

 

プリン体を気にしすぎるよりも、多種多様な食品を、栄養バランスよく、

適正エネルギーを守って食べることの方が大切になります。

 

 

お酒のおつまみ

お酒好きな人には、かかせない「おつまみ」ですが、

おつまみ類にはプリン体が多いのも特徴です。

 

アルコールには腸管でのプリン体の吸収を増加させる働きがあります。

「アルコール + おつまみ」のコンボは尿酸値を急上昇させてしまいます。

 

どうしても、お酒を止められない人は、おつまみには、揚げ物などは避け、

野菜や海藻などを積極的にとるようにしましょう。

これらは、尿酸の排泄を促す働きもあります。

 

また、タンパク質や脂質は胃の粘膜を守り、

アルコールの吸収を抑える働きがあるので、チーズなどもオススメです。

乳製品は、タンパク質源のなかではプリン体が少ない食品です



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL