まさか痛風とは

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

10年前に仕事で高所作業車を使い仕事をしていました。

降りてくると右足の親指の先がぴりぴりとするので、

「トゲでも刺さったのか?」とおもい叩いてみたりもんでみたりしてもぴりぴりする。

帰り事務所でそんな話をしたら痛風ではないのかと監督さんが言う

「いやーまさかナイナイ」と思っていました。

 

痛風とはすごい贅沢をしている人がなるものと思っていたし、

そのときは本当になんか小さなトゲが刺さったのだろうと思っていました。

 

とくに痛みもなくなったので今度は仕事が終わり右足に捻挫のような症状、

それでも「まさかな」と気にもとめません

健康診断で医者に尿酸値が高いと指摘され、

「付け根が痛くなったりしませんか?」と聞かれたので、

まさか自分がと思い薬をすすめられたのですが断りました

 

痛風の嫌なところは症状がでないときは全くでないので

「まっ、あまり暴飲暴食をしなければ」と酒を気にせずのんでいたのがバチが当たった。

 

たしかに飲んだ次の日など足がはったりつっぱったりしまして、

「なーによー」と飲んでいたら朝がたまー痛いのなんのと歩けない状態に。

仕事を休み次の日に這いつくばり足を引きずり病院へ。

尿酸値を下げる薬と痛み止めをもらい家に帰りました。

 

先生に薬を1回飲んだら飲み続けなければいけないし、

もう騙し騙し痛風と付き合っていくしかないと言われました。

本当に今は薬を飲みながら酒を飲み、

また痛み止めを飲みながらまた酒を飲むと言う日々です。

 

ですがいつ痛くなるかわからないので酒を控えたものの、

そう簡単には尿酸値は低くならず途方にくれております。

 

また知り合いが「痛風です」などと言うときは「贅沢をしたのだからしょうがない」と軽口をたたき、

「実は私も尿酸値が高くて・・・」ともうお互い戦友同士と傷を舐めあいます

 

が、なかなか初めての人には「私、痛風です」と言えず薬を飲みながら

まして足が痛くなってしまった場合脂汗を流しながら足をさすり何でもないように装っていますが

帰りは歩けずタクシーのお世話に。

 

はっきり言おう、痛風にお酒は悪い。

焼酎がいいとか井戸水がいいとか、酒はダメだね。

また私はラーメンとか食べた後にも足がはるぴりぴりするように思う。

少し禁酒でもすると調子がいいのですが、

たまーに飲んでなくても不摂生をしなくても痛みが来るのが痛風であるし、

またこれがなかなかに尿酸値も下がらない。

 

まさに医者が言うように気長に薬を飲み続けながら騙し騙し痛風と付き合っていくしかない

飲み友達だと思ってお互い頑張りましょう



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL