偽痛風とは

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

偽痛風は、仮性痛風とも呼ばれ、

ひざ関節が突然なんの前触れも無く激しく痛み出し、

腫れて熱を持つ症状が痛風によく似ています。

 

しかし、異なる点も多く、痛風と偽痛風は全く違う病気です。

 

痛風の原因は尿酸で、関節部にたまって結晶化した尿酸を、

白血球が排除しようと攻撃することで痛風発作が起こります。

 

一方、偽痛風の原因となるのはカルシウムで、

関節軟骨やひざの半月板などが石灰化を起こすために、

関節部にカルシウムが溜まって結晶化し、

それを白血球が攻撃するので、激しい痛みや腫れが起こります。

治療は、関節穿刺を行なって、関節内の結晶や白血球を除去します。

 

偽痛風は発作の症状は痛風とそっくりですが、痛みの現れ方や起こる部位、患者の性別が異なります。

偽痛風の痛みは、痛風発作ほど激しくはありません。

 

痛風発作が起こりやすい足の指先には、偽痛風の症状が現れることはほとんどありません。

偽痛風の発生する場所は、ひざ関節が最も多く、手首、足首の関節などに限られています。

男女差がないのも痛風とは大きく異なる点です。

 

また、偽痛風は60歳以上の高齢者に起こることが多く、熱が出る場合もあります。

 

 

痛風と偽痛風の見分け方

痛風か偽痛風かの違いは、関節液を調べれば確実に診断することができます。

炎症を起こしている関節液を採取して、偏光顕微鏡で結晶をくらべると、その違いがはっきりわかります。

 

尿酸結晶の形状は細長い針状ですが、カルシウムの結晶はひし形をしています。

 

また、尿酸結晶はX線撮影では写りませんが、

偽痛風の場合は、関節軟骨や半月板などに付着しているカルシウムが撮影されます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL