尿酸を抑える働きをもつ薬、フェブキソスタット

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

フェブキソスタットは

帝人ファーマという製薬会社が開発した

体内血液中の尿酸を抑えるための薬のひとつです。

 

尿酸は体内で生成される老廃物の一種で、

プリン体をもとに生成していき、

これが高くなると高尿酸血症という症状を引き起こし、

さらには痛風の原因にもなります。

 

その尿酸の生成段階でそれを阻害する目的で、

もう少し具体的に書けば生成段階の際に発生する

キサンチンオキシターゼと呼ばれる酵素を阻害する目的で

フェブキソスタットは開発されました。

なので、キサンチンオキシターゼ阻害薬という名称でも呼ばれることがあります。

 

先に同様の阻害薬としてはアロプリノールという薬がありましたが、

臨床試験を行った結果、アロプリノールより

薬効作用がより強く効くというデータを得ています。

 

使用方法としては、一日1回10mgを服用した後に

血中尿酸値を測定し変化をみます。

二週間をめどに増量するかどうかを決めていきます。

 

使用上の注意点としては、勝手に服用量を変えないことが第一です。

飲み忘れたときにはできるだけ早く飲むか

または1回飛ばして翌日に服用するかをします。

2回分を一度に飲み干すと健康に害を及ぼすことがありますので

禁止事項に指定されています。

 

副作用がありますので注意が必要です。

主な副作用の症状としては痛風関節炎や関節痛、

四肢に力が入らなくなる、下痢や倦怠感などの症状が報告されています。

また、肝機能障害などを引き起こした場合については

すぐに使用をやめて医師の診療を受ける必要があります。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL