痛風とは

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風は一言で言えば、「尿酸値が上昇して関節炎を引き起こす病気」です。

 

痛風は、「風が吹いただけでも痛い」から、そう呼ばれています。

その痛みは、「ペンチで締め上げられるよう」であったり、

「傷口をキリでえぐられるよう」な凄まじい痛みです。

 

痛風には、このような痛みを伴う「痛風関節炎」だけでなく、

関節がコブのようにふくらむ「痛風結節」と呼ばれる症状もあります。

 

痛風関節炎は高尿酸血症の状態で、尿酸値の上昇とともに発症しやすくなります。

痛風結節は、高尿酸血症の期間が長く続いたり、痛風発作のあとに治療をせずに放置したりして、

尿酸値が高くなるほど起こりやすくなります。

 

痛風関節炎の場合、初めての症状として、突然発症する急性、

つまり痛風発作を引き起こす人が多く、激しい痛みを伴うだけに、

発作の兆候を知りたがる人はたくさんいます。

 

しかし、痛風発作の前兆を全く感じない人もいれば、前兆と思えるようなものを感じる人もいます。

また、前兆の感じ方もムズムズやチクチク、重圧感や違和感など、人により違いがあります。

 

痛風発作はいつ起こるかわかりませんが、発作の背景には尿酸値の上昇が見られることから、

健康診断などで尿酸値が高いと指摘されたら、できるだけ早く尿酸コントロールに取り組むことで、

防げる可能性も高くなります。

 

 

痛風の仕組み

尿酸の結晶は身体のアチコチにありますが、通風の症状は通常、関節に現れます。

 

尿酸の結晶が顕微鏡で見ると、雪の結晶のように白くキラキラと輝いていて、

その形は針のように鋭く尖っています。

「こんなものが身体の中にあるのか!」と思うだけで痛く感じますが、

尿酸の結晶が出来ただけで痛風になるわけではありません。

 

しかし、結晶化した尿酸は本来、体内にあるべきものではありませんので、

関節内にたまってくるとただでは済みません。

 

何かのきっかけで沈着していた尿酸の結晶が関節液中にはがれ落ちたりすると、

白血球がそれを排除しようとします。これが痛風発作の始まりです。

 

白血球の一種の好中球には、体に害のある異物を見つけて攻撃し、排除するような働きがあります。

関節内の尿酸の結晶を異物と認識すると、好中球が集まって食べ始めます。

好中球は尿酸の結晶を取り込み、もっている消化酵素で溶かそうとします。

 

この過程で好中球の消化酵素や活性酸素などが関節液中に漏れ出し、炎症を引き起こします。

さらに尿酸の結晶を食べだした好中球は、他の白血球を呼び集めて、大きな炎症を巻き起こします。

 

好中球が活性化されると、その刺激で、様々な生理活性物質や炎症を起こす物質が

放出されて炎症を増強させ、さらに騒ぎは大きくなります。

 

こうして痛風の患部はテカテカと赤くなり、膨れ上がります。

尿酸の結晶に対する白血球の闘いは、有害なものを排除しようとする生体反応で、

白血球にすれば正当な働きなのですが、患者本人は突然の激痛に襲われることになります。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL