痛風と尿酸降下薬

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

初めて痛風発作を起こした人は、

発作が落ち着いたら尿酸値を下げる薬である、

尿酸降下薬の服用を始めます。

 

痛風発作の原因となる、

関節内の結晶を直接取り除く薬はないため、

尿酸降下薬で尿酸値を下げ、結晶を溶かしていくことになります。

 

尿酸降下薬には、尿酸排泄促進薬と、尿酸生成抑制薬の2種類があり、

高尿酸血症のタイプにより、処方されます。

 

この薬物治療は、痛みがなくなって2週間ほどして落ち着いた頃から始めることになります。

 

服用してしまうと、発作が再び起こることがあるため、

服用開始のタイミングや薬の量は、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

このときに注意したいことは、急激に尿酸値を下げてはいけないということです。

 

薬で尿酸値を一気に下げると、関節内に溜まっていた結晶が不安定になって剥がれ落ち、

再び痛風発作を起こすことがあるためです。

 

そのため、尿酸降下薬の服用は少量からはじめ、

3~6ヶ月かけて少しずつ尿酸値を下げていくようにします。

 

さらに、飲み始めに限り、痛風発作を予防するためにコルヒチンを併用する場合もあります。

痛風発作は尿酸値が高く安定しているときよりも、急に下がったときのほうが起こりやすいからです。

これは、組織に蓄積していた尿酸の結晶が溶け始めて不安定になるためです。

 

尿酸排泄促進薬の服用中は、尿中に排泄される尿酸が増えて、尿路で結晶化しやすくなります。

 

尿路結石を起こさないためには尿路管理が必要となります。

尿路の尿酸濃度を低くするために十分に水分を補給し、尿量を増やすことが大切です。

 

尿が酸性になっていると尿路結石を起こしやすいため、

尿を弱酸性からアルカリ性寄りに保つことも重要です。

そのため、尿酸排泄促進薬とともに尿アルカリ化薬を併用する場合があります。

 

また、痛風発作が起こったからといって、これまで尿酸降下薬を服用していなかった人が、

あわてて尿酸値を下げようと、尿酸下降薬を飲むのは危険です。

症状が悪化してたり、長引いたりする恐れがあるためです。

 

しかし、尿酸降下薬を服用中に痛風発作を起こした場合は、発作中でも尿酸降下薬の服用を続けます。

もし、尿酸降下薬を飲み忘れていて発作が起きた場合は、あわてて薬の服用を再開すると、

かえって発作がひどくなりますので、関節炎の症状が落ち着くまで待ってから使用してください。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL