痛風と間違えやすい病気

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風発作の症状をみると、

かなり特徴的な病気だという印象がありますが、

痛風と似た症状を持つ病気は他にもあります。

 

よく間違えやすいのは、関節に炎症が起こって、

痛みが生じる、関節リウマチです。

進行すると関節が変形してきます。

 

急に関節が痛み出す、偽痛風も、炎症部分が腫れて熱を帯びるなど、

その名のとおり、痛風の症状にとても似ています。

偽痛風は関節部分に尿酸ではなく、カルシウムの結晶が溜まることによって起こります。

 

変形性関節症は、関節軟骨が磨り減って骨と骨が直接触れることで痛みが生じます。

これも、関節が変形します。

 

女性に多く見られる外反母趾。

これも足親指の根元の関節部分に痛みを感じることがあります。

 

また、赤く腫れて熱と激しい痛みを伴うという点では、化膿性関節炎の化膿性もあります。

これは細菌が関節部分で炎症を起こす病気です。

 

他にも、腰椎や頚椎の変形、捻挫、回帰性リウマチなど、

痛風に似た関節部分の痛みを持つ病気があります。

 

このように、症状の似ている病気でも、それぞれ原因は違います。

 

痛風の原因は高尿酸血症ですから、尿酸値が高いことを指摘されていて、

関節に痛みが生じたら痛風を疑いましょう。

 

しかし勝手な自己判断は禁物です。

痛風かもしれないと思った時は、痛風外来か、内科または整形外科などを受診しましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL