痛風の対処法

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

発作が起こると、痛みを抑えようとマッサージしたり、温湿布を貼りたくなりますが、

これは症状を悪化させるだけなので、逆効果です。

 

痛風発作は関節に炎症が起きている状態なので、温めてはいけないからです。

痛みを少しでも和らげたいのなら、患部を心臓よりも高い位置にして冷やし、安静にします。

 

痛風発作が起こり、激痛に襲われているときには、炎症を抑えて痛みを取り除くために、

非ステロイド系抗炎症薬を服用します。

 

抗炎症薬としてはアスピリンが有名ですが、

アスピリンは尿酸値を増やす作用がるため、痛風発作時には使用できません。

 

なお、非ステロイド系抗炎症薬には、服薬と座薬があります。

座薬に抵抗を感じる人も多いですが、

座薬の方が内服薬より吸収性が高く、胃腸障害といった副作用も少ないです。

 

非ステロイド系の抗炎症薬で痛みが治まらないときは、ステロイド薬を併用します。

場合によってはステロイド薬の関節内注射や点滴などが行なわれることもあります。

 

ただし、勘違いしないでほしいことは、痛風発作が起きているときに服用する薬というのは、

発作からくる炎症と痛みを和らげるためのものであって、

痛風の原因である尿酸値を下げる薬ではないということです。

 

薬物治療によって、まず痛風発作の痛みを和らげることが治療の第一となります。

痛みも症状もとれてからが本格的な治療の始まりです。

具体的には、尿酸値を正常に戻していくことになります。

3ヶ月~6ヶ月かけて徐々に尿酸値を下げていきます。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL