痛風の治療期間

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風、高尿酸血症の治療の目標は、

尿酸値を6.0mg/㎗以下に下げ、

維持することになります。

 

特に、関節部にたまった尿酸塩結晶は、

ゆっくりと溶けていきますから、痛風を起こしたことがある場合は、

尿酸塩結晶を溶かすために長い時間が必要となります。

 

また、尿酸値が6.0mg/㎗以下に下がったからといって、

勝手に高尿酸血症の治療をやめてしまうと、再び尿酸値は上がってしまいます。

 

こうしたことから、痛風、高尿酸血症の治療は、長期間に及ぶものと覚悟する必要があります。

医師の指示に従い、じっくり治療に取り組めば、尿酸値も低い値で維持でき、

うまくいけば、薬の量を減らしていくことは可能になります。

 

さらに薬をやめても尿酸値が維持できれば、

生活習慣の改善の継続だけで、尿酸値をコントロールできるようにもなります。

尿酸のコントロールは一生付き合っていくと考えましょう。

 

痛風・高尿酸血症の治療の基本は、生活習慣の改善ですが、

薬物療法も高い効果が期待でき、医師は患者の検査結果や生活状況をふまえ、

薬物療法の導入を検討します。

 

病状は人により違いますから、薬物療法のスタート時期や薬物の種類・量はそれぞれ異なります。

 

大切なことは、勝手に服用をやめたり、薬の量を増やしたり減らしたりしないことです。

 

医師は患者が指示を守って服用していることを前提に診察していますから、

正しい診断のためには何でも正直に話し、相談するようにしましょう。

 

痛風、高尿酸血症が恐いのは、腎障害やメタボリックシンドロームといった、

命にかかわる合併症に繋がることです。

 

激痛を伴う発作を起こせば治療に励みますが、痛みが引いたあとや症状の出ない

無症候性の高尿酸血症は放置してしまいがちです。

 

薬物利用の進歩により、尿酸コントロールは簡単になりました。

しかし、痛風、高尿酸血症は放置せず、薬の力も活用し、

なおかつ生活習慣を改め、積極的に治療に取り組むようにしましょう。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL