痛風発作にコルヒチン

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

 

痛風発作の前兆があった場合は、

コルヒチンという薬を服用して白血球の働きを抑えます。

 

コルヒチンは、古くから痛風の治療に使われてきた薬で、

痛風発作を抑える効果があります。

コルヒチンは痛み止めの薬ではなく、白血球が尿酸ナトリウム結晶を攻撃するのを抑える薬です。

 

痛風発作は、関節に溜まっていた尿酸の結晶を白血球が異物とみなして

排除しようとすることから、炎症が起こり、痛みが出ます。

 

発作を繰り返している人は、発作直前に前触れ症状に気付く場合があり、

その時にコルヒチンを飲むと、大きな発作にならずに済みます。
コルヒチンは、ハッキリと痛みが生じてから飲んでも効果が十分に得られませんから、

なるべく痛風の前兆を感じた直後に飲むことが肝心です。

 

痛風発作を起こしたことのある人は、この薬をいつも携帯して、

発作の前兆に気付いたらすぐに1錠飲むようにしましょう。

 

発作が起きやすい状態のときに連日飲むこともありますが、

基本的には発作のときだけ飲む薬です。

コルヒチンには痛風発作を抑える優れた効果はありますが、痛風の特効薬ではありません。

 

発作のたびにコルヒチンを飲んでいれば、激痛から逃れることはできるかもしれませんが、

尿酸値が高い状態は続くことに変わりありません。

 

コルヒチンは痛風を根本的に治療する薬ではないのです。

コルヒチンだけに頼っていると、しだいに発作も頻繁に起こるようになり、痛風を重症化させてしまいます。

 

また、コルヒチンには、激しい下痢や吐き気、ときには脱毛症状を引き起こすといった

強い副作用があるため、大量に服用することは避けてください。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL