痛風結節の治療

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風発作を起こした人が、

そのまま治療を行なわずに放置していると、

10年ほどで痛風結節が表れてきます。

 

痛風結節は、体内で過剰になった尿酸が、

関節の周囲や軟骨、皮下の組織などに

結晶になって溜まり、コブ状になったものです。

 

結節は、皮膚科で発疹の一種になります。

丘疹といって、皮膚の表面が盛り上がる発疹の大きなものを結節といいます。

結節そのものは、蕁麻疹や水泡などの仲間となります。

 

痛風結節は大きくなっても、関節炎のような痛みは起こりません。

そのため、放置して、悪化させる人が少なくありません。

健康な人の体内にある尿酸の量は、1200mg前後ですが、

痛風結節ができると、この数倍から数十倍もの尿酸が体内に蓄積されていることになります。

 

痛風結節が進むと、患部の骨は尿酸塩によって侵食され、

関節が変形したり脱臼したりして、日常生活に支障をきたすようになります。

 

手術療法で痛風結節を取り除くことは難しいので、

痛風結節の治療は、薬物などによる尿酸値のコントロールによって行なわれます。

 

尿酸値が正常になれば、幹部にたまった尿酸結晶が溶けて、

腎臓から排出されますので、結節は小さくなっていきます。

 

痛風発作を起こしたことのある人は、

今後、常に尿酸値のコントロールに気を配っていく必要があります。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL