まさか私が痛風に!?

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私は24歳の女性です。

痛風といえば割と男性の方で、しかも40代50代の患者さんがほとんどだと聞きますが、

私が最初の発作に見舞われたのは私が22歳の時でした。

 

決して自分が健康体だとは思っていなかったし、

体重も標準をかなり上回っていました。

ジャンクフードが大好きで運動嫌い、

飲み屋さんで頼むのは可愛いカクテルよりもビールが一番!

属に言う女子力なんてものはあまり高くないような、いわゆる「おっさん女子」でした。

 

また運が悪く発祥当時は留学中で、海外ならではの

いわゆるものすごい量のジャンクフードを食べていましたし、

ホームステイ先の家族はみんな太っていて、

お肉大好きな人たちでしたので当然主食は肉。

四六時中肉!な生活をしていました。

 

留学期間もそろそろ終わりに近づいてきた頃、

おそらく私の知らないうちにたまり込んでいた尿酸が一気に爆発したのだと思います。

 

今ではあれが痛風の初期症状だったのだと分かりますが、

夕方あたりから何となく足の親指の付け根に違和感を感じ、

痺れているような、ねんざをしたような、何とも言えないムズムズ感がありました。

 

楽観的な考えの私は、まぁ寝たら治るだろう。

と何の処置もせず就寝し、朝になるとびっくりしました。

 

今まで自分の身で感じた事も無いような痛みで目が覚め、

患部を確認してみるとうっ血しているような

赤黒く変色した可哀想なわたしの足がありました。

 

文字通り風が当たっても痛いような、ものすごい激痛で、

患部を冷やしてみても、足を心臓より高く持ち上げてみても

痛みが増すばかりで改善される気がしませんでした。

 

というより、風が当たる以前にただ安静にベッドの上に横になっているだけでも痛いのです。

寒くても靴下をはく事すらままならない状態で、

以前手の小指の骨を折った時ですら泣かなかった私が、

ただその痛風の痛みに耐えるのが辛くて泣いてしまうほどの痛さでした。

 

なにより怖かったのが原因が全く分からなかった事です。

まさか22歳の私が痛風になんてなるとは微塵も思っていなかったので、

何をどうすればこんな痛みが起るのか分からず、とても不安でした。

 

しかも留学先という事もあり、頼れる家族は近くにいませんでした。

長期の海外保険に加入してはいましたが診察を受ける事ができるのは

限られた病院のみで、その指定の病院がホームステイ先の家よりも遠い所にあり、

泣く泣くタクシーを使いその病院へ行く事にしました。

 

ホストファミリーのお母さんが松葉杖を貸してくれましたが、

松葉杖を使って歩くその衝撃にすら耐えられないほどに症状が激しかったので、

部屋からタクシーに乗り込む普段なら30秒も掛からない距離に15分も掛けました。

 

つたない英語で症状を説明すると、

先生は「that is Gout.」(ザッツ イズ ガウト)それは痛風だ。

と言われました。

 

診断結果を聞いた私は、まずGoutが何なのか分からず

先生の前で翻訳機を使って調べていると、

その先生は「それ、君みたいな若い人。しかも女性がなるものじゃないんだけどねぇ。」

と半笑いで言われ、何とも恥ずかしい思いをしたのを覚えています。

 

その先生に痛風発作の緩和を助けるお薬をもらいいったん帰宅し、

その薬の服用を始めてわずか2日半で痛風の痛みは嘘のようになくなりました。

 

その後帰国し、日本で整形外科の先生にもう一度詳しく痛風について話を聞き、

その先生にはまず、肥満の改善をする事。

野菜中心の生活を送る事。

生物感の強いもの(煮干しやビーフジャーキー等)を食べない事。

お酒を控える事。

を言いつけられました。

 

もう二度とあんな痛みに襲われたくなかったため減量を開始し、

1年半で体重を20kgほど落とし、生活習慣を改善した所、

最初の発作以降今まで1度も発作を起こした事がありません。

 

ただ、やはり発作の前の初期症状の「ムズムズ感」がたまにやって来る事があります。

その時は痛みが激しくなる前に処方してもらったお薬を服用する事によって症状の緩和・予防ができています。

 

一度なると完治しにくいと言われる痛風ですが、

生活リズムを正してちゃんと向き合えばそんなに怖いものでもない。

といったのが私の今の感想です。

 

診断されてすぐは、なんで私が・・・と不安でやや悲観的になりましたが、

今では自身の乱れた生活を見直す事ができ、

痛風になった事で始めた減量により体内環境が改善され、

ホルモンバランスの乱れがなくなり肌の状態も良くなったので

今では痛風に少し感謝しているくらいです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL