わたくしの痛風体験談

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

僕(現在68才)が通風を患ったのは、かれこれ25年ほど前でしょうか、

毎日殻付きのピーナッツをほおばっては500ccの缶ビールを飲んでいました。

 

最初は「くるぶし」に違和感があり、いつ足をくじいたのだろう、

なんて思いながら湿布を貼っておきましたが、毎日痛みが強くなってきて、寝る事も出来なくなり、

1週間後には完全に歩行不能。

これはおかしいぞ?と思うようになり、お医者へ駆け込んだところ「これは痛風」ですと言われ、ポカン。

 

それは我が家では痛風の家系ではなかったからですが、

お医者から頂いた薬で何とか痛みは消え、普段の生活に戻りましたが、

痛風って何だ?と言う気持ちで調べて見ましたら、

飲食してはいけないと言う食品が山程書かれて、

これでは野菜しか摂れないじゃないか、と思いましたね。

しかし偏りのない食事をしていれば大丈夫と言う事もわかりました。

 

まぁ、数ケ月ごとに痛みを発症し、その都度お医者に駆け込んでおりましたが、

そのうちに一歩も歩けない状態になり、車いすでお医者の前に出るようになりました。

でも薬ってすごい、やっぱり薬で痛みは止まりました。

 

そんな状態が2年ほど続きましたかね~

だんだん痛みの発祥する間隔が長くなり、もう十数年、今ではあの痛みは何処へ?と言う感じです

 

痛風には肉はだめビールはだめとか言われ、痛風は贅沢をしているからだよと友人たちに言われ・・・

でもそんな事は全くありません。

現代の食生活をしていれば誰しもがかかるのではないかと思う病気です。

 

ビールは酒の中ではプリン体が高いものの、

食品全体で見ればさほど高い物ではないとの事が分かりましたが、

それでも今はなるべくプリン体カットの発泡酒にして、ワインは良くないと思いながら、

ほとんど毎日晩酌に飲んでおります。

もちろんこれもワイングラス一杯を限度にしてですが。

 

また豆類はプリン体が高いと言われていても、納豆や豆腐は食べなさいとか、

私の知人は、イワシは体に良いからと言って、毎日一匹(大きさは不明)食べていたそうですが、

それでも半年を過ぎた頃には痛風にかかってしまいました。

 

今では痛みが起きるのでは?と言う感じを知る事が出来、慌てて食事の制限をしております。

お陰で今ここ十数年痛みは起きておりませんし、

尿酸排出の為に水を2リットル毎日摂りなさいと言われますが、それはやっておりません。

 

2リットルの水と言うと大変な量で、真夏でも摂る事は出来ませんでした。

それと水を大量に摂ったことで足がむくんでしまい、今では普段通りの水分補給をしております。

具体的はどのくらい?と思われるでしょうけど、朝晩コップ合わせて3~4杯ぐらい、

血液の為にも夜中に一杯飲んでます。

あとは晩酌と食事から摂れていると思います。

 

血液検査で高血圧とも診断され、今では高脂血症薬と高血圧の薬も処方していただき、痛みは全く無く、

血圧(60台前後から130台前後)も落ち着いて居ります。

血液検査は毎年やっておりますが、尿酸値の値は5.5~12までありましたが、

尿酸値が高いからと言って必ず痛みは起きないし、

反対に低くても痛くなる時は痛く成る事が分かりました。

 

最後になりますが、自分の経験からして、結局は

「腹八分であれば、何を食べても何を飲んでもよい」の一言。

と言うのがわたくしの結論です。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL