ビールをやめた父と痛風

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風になってしまったお父さんの事を書きたいと思います。

 

私の父はビールが好きで、毎晩必ず缶3本は飲んでいました。

お酒にもともと強い体質なので、

悪酔いすることもなく、気分よく酔っ払っている感じでした。

 

そんなお父さんがある時突然足の痛みを訴えるようになりました。

本人はうんうんうなっていました。

痛風外来に行って痛み止めの薬と再発防止薬として

尿酸の生成を抑えるアロプリエールや

尿酸排出のためのフェブキソスタットをもらってきて服用していました。

 

痛風の原因として、毎日の晩酌のビールがまずい、とお医者さんに注意されてしまいました。

また野菜中心の食事をアドバイスされ、時々尿酸値を測るために通院するようになりました。

 

発作の時は相当痛かったらしく次の日からお父さんはなくなくビールをあきらめ、

プリン体の少ない食事療法を始めました。

 

もともとこだわる性格だったので、食事に細かく気を使うようになり、

海藻がいいと聞けば、毎日わかめの味噌汁やヒジキを食べるようになりました。

いままで野菜嫌いでほとんど食べていなかったし、肉中心の生活をしていましたが、

野菜サラダも食べるようになりました。

 

でも肉はどうしてもやめられないようで、

相変わらずこってりした唐揚げやフライものやとんかつなどはたべていました。

バランスよくとれば、禁止する必要はない、ということをお医者さんからも言ってもらっていたようです。

 

お父さんは、一度目の発作を経験してから、

1か月後くらいにまたすぐに二度目の発作に襲われてしまいました。

やはり相当痛いようです。

足の指をトラックで踏まれてるみたいだと言っていました。

でも、食事にはかなり気を使っていたのに、再発したことはショックでした。

 

その原因として、いろいろ調べ物をしていました。

体内の尿酸値は以前より改善されていましたが、

一度結晶化して骨の部分にため込まれた尿酸の塊は、すぐには消えてくれないようです。

 

また、尿酸値をいきなり下げることによって発作が起こる場合もあるようで、

体液中の尿酸が薄くなると結晶化していた尿酸が剥がれ落ちてしまうのだそうです。

剥がれ落ちた尿酸は免疫機能によって敵と判断され、白血球が戦うそうですが、

その時に激痛を引き起こすのだという事を痛い思いをしてから学ぶ結果となってしまいました。

 

そのあとも何度か痛みに襲われたそうですが、一番最初と二番目が一番つらい激痛で、

そのあとの発作は薬を飲んでいたせいがまだ耐えられるくらいのましなものだったと話していました。

 

今では激痛はなくなったようですが、かわりに、むずむずする感じがあり、

「あ、痛みが来るな」とういのがわかるようになったそうです。

今でも尿酸を下げるお薬は飲んでいますし、

以前のように何も気にすることなくビールを楽しめなくなってちょっとかわいそうな気がします。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL