上司が痛風になりました

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私の上司38歳が痛風になった時、仕事するのが大変そうでしたので、

その時のエピソードをご紹介します。

 

 

①靴が履けない

本人曰く「足がクリームパンみたいな大きさになった」というくらい膨らんでしまい、

ビジネスマンが履く普通の靴が履けなくなってしまいました。

なので社内ではスーツにサンダルというミスマッチなスタイルで仕事をしていました。

靴下もいつものサイズだと履きにくかったそうで、少し大きめの靴下を緊急で購入したそうです。

 

 

②歩けない

足を地面につけると激痛が走るらしく、片足で移動できるところは片足で、

それでも無理な場面(北海道の冬の季節だったので、雪面を片足で移動するのは危険だった)

では同僚が肩を貸す等して対応していました。

 

仕事で訪問する予定だった客先は別の人が行くか、

その上司と誰かが一緒に行ってサポートすることになりました。

 

足が何かに触れると痛いので、運転もできません。

しかしそういう時に限って電車で2時間の距離の営業支社に行く用事があったらしく、

いつもは車なのに松葉杖片手に電車に揺られながら頑張って行ったそうです。

思わぬサポートをさせられたために、他の男性社員がとばっちりを受けていました。

 

 

③飲み会の自粛

勤務していた場所が北海道だったので、

ウニやイクラといった海の幸がたくさん食べられる土地柄でした。

本州から北海道に転勤してきた社員は太ってから転勤していくというのが

社内の風物詩みたいなものになっていましたが、

その上司も案の定たくさん海産物とお酒を飲んで肥えていったタイプです。

 

趣味はバイクとマラソンと言っていたので運動はしている方だと思ったのですが、

それ以上に食べていたということでしょうか。

まさに「贅沢病」ですね。

 

痛風を発症した人に接待は任せられないということで、接待も別の社員が参加することになりました。

これもある意味参加者にとってはとばっちりでしょう。

新たな痛風発症者が出なくて良かったです。

 

症状が治まってからの飲み会は参加したとしても、

周囲から「セーブしなくちゃダメ」と怒られていたので、プリン体の多い日本酒は絶対飲まず、

ちょっと付き合いでビールを飲む以外はウーロン茶を飲んでいました。

 

 

④痛風の薬

尿酸値を下げる薬と、足の炎症の痛みを抑える薬の2種類は所持していたと思います。

名前は忘れてしまいましたが、上司が「これがないとまた辛いことになっちゃうから・・・」

と切なさそうな顔をしながら服用していました。

 

痛風はご自身は勿論大変だと思いますが、

周囲にも意外と火の粉がふりかかるものだと身を以って体験しました。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL