初めて痛風になった時の話

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

初めて痛風になったのは、今から6年くらい前です。

2日前から右足の親指の付け根が気になるようになり、

どうしたのかな?と思いましたが、もんだりしてそのまま放置していました。

 

しかし、次の日になると、少しづつ赤くなっていき、

次第に痛みが伴うようになってきました。

 

何かにぶつけたかな、と水で冷やしたりしたのですが、

まったく症状は改善されず、夜が明けるとはれ上がり、

右足を地面につけることができなくなりました。

 

これはいかん、と会社に休む旨連絡を入れて、

タクシーを呼んで、近くの病院に行きました。

 

実は、この時点で痛風を発症してしまった、という確証がありました。

会社の健康診断で、2、3年前から尿酸値の値が要注意の7どころか要治療の9を超えている、

との指摘があり、痛風になるかもしれない、と警告を受けていました。

 

痛風は、足の付け根がはれ上がりすごく痛い、程度の知識しかなかったのですが、

その時の自分の症状がまさにそれにあたり、これは間違いなく痛風だ、と思いました。

 

タクシーで病院まで行き、片足でかろうじて受付まで行き、

痛風である旨申告すると、車いすに乗せられ、整形外科に連れて行かれました。

 

血液検査を行い、医師に足を見せた結果、予想通り痛風と診断されました。

痛み止めと痛みが引いたらまた来るようにいわれ、家まで帰ったのですが、

そこからが大変でした。

 

まず、右足が痛いため、歩くのも困難です。

しかも、その痛みは、何もしなくても痛いため、

寝てようが何しようが、痛みは止まりません。

痛風は風が吹いても痛い、と言われますが、まさにその通りでした。

 

冷やせば痛みが一時的に和らぐため、しばらく風呂場で水を流して、

そこに右足を浸していました。

 

痛み止めの飲みましたが、まったく効きません。

痛みのため何もする気が起きないため、ご飯も作れず(お腹も減らなかったので)、

本も読めず、テレビも見られませんでした。

 

また、血液中の尿酸の濃度を下げるため水ばかり飲んでしましたが、

そのためトイレが近くなり、片足で痛みに苦しみながら、トイレに何度も行きました。

 

そんな生活を2日ばかり続けていたら、次第に痛みが治まり腫れもひき赤みみなくなり、

3日目には、なんとか歩けるようになりました。

そして、4日目には、何事もなかったかのように、普通に歩くことができました。

痛風は、炎症が治まると後遺症もなく治ることが多いのですが、

私も何事もなく全快しました。

 

その後医者に行き、尿酸値を下げる薬をもらい、しばらく投薬治療をしたところ、

ようやく尿酸値を正常まで下げることができました。

 

痛風により、1週間ほど会社を休むなど、あちこちに色々迷惑をかけてしまいました。

私は1人暮らしでしたが、もし家族と住んでいたら、家族にも迷惑をかけていたでしょう。

尿酸値が高いと診断された方は、早めに医者に相談することをお勧めします。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL