前触れがなく突然耐えられないほどの痛みであわてて病院へ。

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風の初期症状と検査、診断までの流れについてまとめました。

 

最近家族の者が痛風と診断されてしまいました。

それまでは特に大きな病気もなくいたって健康体でしたが、

ある日突然夜中に膝に我慢できないほどの痛みを訴え

至急車で近くの救急病院へ連れて行きました。

 

普段は病院嫌いでめったなことでは弱音をはかない人なんですが

今回は本当に辛そうで家族としてとても心配になりました。

 

それまでの前触れはほとんどなく、

あるといえば仕事で不規則な生活や外食が続いていたことくらいでしょうか。

食生活も特には気を使っていませんでしたが、

痛風の方に多いお酒はビールをたくさん飲みすぎると言った事は全くなく、

むしろお酒は飲めない方でした。

 

数日前から少し左膝が痛いのでと言っていたのですが

それも日常生活に支障のある程度ではなく普通に会社通勤していました。

 

病院についてからまず外科の診断を受けました。

レントゲンなどを撮り先生の診察をした後

膝の中に水が溜まっていると言うことで

その後内科の先生で診てもらうことになりました。

 

夜中の診察と言うこともあって非常勤なのかとても若い先生で

いろいろな診察をした後原因がいまいちよくわからないけれども

痛風の可能性があるので膝からたまっている水をとって検査をしてみますか?

と言うふうに言われました。

 

先生が可能性が低いと言うふうに言うのでわざわざお金をかけて検査をするかどうか迷ったのですが、

原因が分かるまでやはり心配だと言うことで検査をお願いしました。

 

この膝の水を取るのがとても痛いとのことで内科の先生も事前に

「すごく痛いですよ、覚悟してください」と言われていました。

 

大きな病院だったためか検査結果はすぐに出て痛風だと言うふうに診断されました。

事前の症状は全くなくある日いきなり突然痛み出したので

私たちもまさか痛風だとは思っていませんでした。

 

お酒も飲まず食生活の悪い方ではないので原因を聞いてみたところ

もともと痛風になりやすい体質だということです。

 

痛風なんてお酒をたくさん飲んで

プリン体の多い食事をしている人がなるものだとばかり思っていたので

今回の診断を聞いて大変驚きました。

それどころかこれからほぼ一生毎日薬飲み続けなければいけないと聞いて

今後が心配になりました。

 

今でも薬は飲み続けていて定期的な検査にも通っています。

本人の話だと痛風の痛みよりも何よりとにかく膝の水を取る検査が痛かったと言っていました。

今は禁酒、食生活も前より一層気をつけています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL