夫の痛風闘病記

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

夫が痛風持ちです。

今53歳ですが、20代で発症しました。

大きな発作も何度か経験しています。

 

発作が起きると足が腫れ上がり、痛くて動かせない状態が続きます。

通勤ができないので、仕事を数日休む必要があります。

靴を履くなど以ての外で、歩けるようになってもサンダルが精一杯です。

通勤できるところまで回復した夫はサンダルで出勤していました。

もちろん、びっこで、そろりそろり、ゆっくり歩いての出勤です。

すっかりよくなるまでには、結構時間がかかります。

 

夫が発作を起こすパターンは2つあって、ひとつはストレスです。

強いストレスがかかったときに発作も出ています。

別の病気で入院したとき、入院のストレスで発作が出ました。

入院中、車椅子と松葉杖を使うはめになりました。

 

もうひとつは夏の暑さ。

汗で水分が排出されてしまって、トイレにあまり行かない状態で、

冷たいビールなんか飲んでしまうともう最悪です。

体内にプリン体いっぱいという状態ができてしまい、それが発作に繋がるようです。

 

バリに旅行したとき、旅先で発作が出てしまい、大変でした。

また、真夏のゴルフなども、痛風の発作が出やすいシチュエーションらしいです。

 

夫が初めて発作を起こしたとき、私も病院に行って、食事についての説明を受けました。

プリン体が多いもの、少ないもの。

食べないほうがいいのは、魚卵とか、イカの刺身とか。

プリン体が多い少ないがイラストで説明されたポスターをもらいました。

プリン体が多いものを食べたときには、あわせて海藻などを摂りましょう、

みたいな説明を受けたように記憶しています。

 

家の食事の献立を考えるのが面倒になるなあ、と思いました。

が、結局私達は好きなものを食べています。

その後、夫がかかった先生が、薬さえ飲めば好きなもの食べていい、という治療をしているからです。

実際、食事だけでコントロールするのは難しく、薬なら簡単でストレスも少ないから、ということでした。

ただ、ビールはやはり痛風に繋がりやすいので、ウイスキーに変えました。

しばらく発作は起きていません。

 

痛風で一番困るのは、発作で動けなくなることです。

トイレに行くのも一苦労の状態になります。

家族がいれば、まだなんとかなりますが、一人暮らしだったりしたら、大変だと思います。

病院に行くと短期間ですが痛み止めでステロイド剤なども出してもらえるので、

早めに病院に行ったほうが早く楽になれると思います。

私の夫はずっと服薬治療中です。完治の日は来るのでしょうか。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL