痛風で大騒ぎな父の話

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私の父がある日、「俺はもうダメかもしれない。」と深刻に話し始めました。

 

元々、ちょっとした風邪で熱が出ただけでも大騒ぎする性格なので、

今回もそんなところだろうと聞き流していましたが、

次第にテンションが下がっていくので、癌でも見つかったのかと、

こちらも真剣に話を聞くことにしました。

 

すると、「足が腫れて、痛くて痛くて歩くのもやっとだ。」と、

泣きそうになりながら話すのです。

 

びっくりして、おろおろしていると、

母が「ただの痛風。痛風で死なないから大丈夫。大袈裟な。」と、

あっさりと説明をしてくれ、そんなもんなのかと思いました。

とはいえ、いつも元気な父が落ち込んでいるのは、可哀想でした。

 

食べるのも大好きだったのに、母に制限されてしまいました。

卵や明太子、海老、海産物など、父の好きな食べ物は痛風に悪い影響を与えるため、

野菜中心の生活になりました。

母の弟さんも少し前に痛風になったので、手慣れた様子で対応していました。

 

痛風で命を落とすことは無いといっても、なんだか可哀想になり、父に優しく接する日が続きました。

母は、父にいつまでも騒ぐなと言い放ち、冷たいなと思いました。

 

痛い痛いと落ち込んでいた父ですが、1週間もすると足の腫れも引き、痛みも無くなったようで元気になりました。

こんな短期間で症状が無くなるのかと、私はびっくりしました。

 

父も痛みが無くなると痛風のことなんてすっかり忘れて、

母の制止も聞かずにいままで制限されていた海老や卵を普通に食べていました。

ですが、痛風は治っていなかったようで、しばらくすると再び足首が腫れて痛むようになったのです。

 

父は1度目の時とは異なり、そのうち治ることが分かっているので落ち込むことは無く、

痛い痛いと大騒ぎしながら元気に過ごしていました。

 

私も、1度目の時は可哀想にと思っていたのですが、

2度目になると、またかと思うようになり、母と同じようにいつも通りの日常を過ごしました。

 

父は2度の痛風を経験し、このままで駄目だと思ったのか、

海老など痛風に良くない食べ物はできるだけ食べないようになりました。

また、運動をして汗を流すようになり体型もすっきりしました。

 

しばらくのあいだ、年に1度や2度は痛風になっていたのですが、

5年もすると痛風の痛みは起こらなくなったようです。

食事制限というほどでは無いのですが、海老など痛風に良くない食べ物は今でも控えています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL