水分補給が足りないために痛風を発症

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私が30代前半の頃に、会社員として働いていた時です。

ゴールデンウィークの長期休暇で暇だった為に、

毎日ラーメン店でスープまで残さずに、ラーメンを食べていました。

そしてゴールデンウィークが終わって、会社に出勤した時に左足の親指に激痛が走り出したのです。

どこにも足をぶつけた覚えがないのにおかしいと感じたのですが、

早退しようとして同僚に相談した所「痛風ではないのか?」と言われました。

 

痛風とは50代ぐらいの方が発症する病気だと思っていたので、その時は話を受け流していました。

しかし、次の日になっても足の痛みは取れないので、

会社を欠勤して整形外科へ行ってみて、医者から「間違いなく痛風ですね」と言われてしまいます。

 

医者が言うには、痛風は20代や30代でもなる方が多いと言われて、

尿酸値が高いと誰もが発症してしまう病気と言うのです。

さらに医者が言うには

「水分補給が足りないと、尿酸が排出されないで体内にたまっていき痛風が発症してしまう病気」

と言ってました。

 

痛風とは風が拭いただけで、体に激痛が走る事から

「痛風」という病名が付いたと言われる程の痛みを感じる病気で、

その痛さは骨折に勝るものだと言われています。

痛風は、なぜここまで痛みのある病気かと言うと

関節などにたまっていた尿酸がナトリウムと塩を作って「結晶」になり、

この結晶がはがれ落ちた時に、白血球が異物と判断して攻撃を始めるのです。

 

この痛風の痛みは、個人差によりますが、10日前後は続くと言われています。

私は会社に1日でも早く出勤する必要があったので整形外科からいただいた痛み止めの薬を使って、

2日後から出勤できるようになりましたが、その痛みは今でも忘れた事がありません。

 

この痛風は一生治らない病気なのですが、1日2リットルほどの水分を飲んでおけば、

よほど偏った食生活を送らないかぎりは、痛風が再発する事はありません。

水分補給しておけば、尿酸は尿と一緒に体外へ排出されるためです。

 

初めて痛風になる方は、ほとんどの場合は足の指が痛みだすと言われています。

それには理由があって、足の指は体温が低い部分にあたり、

尿酸が結晶化しやすいために初めて痛風になった方が痛み出す部分と言われているのです。

 

痛風にならないためには、多くの食材に含まれている「プリン体」が、体内で尿酸に変化してしまうので、

このプリン体が多く含まれている食材はあまり食べないようにした方が良いでしょう。

 

私が整形外科で痛風を診断してもらった時も、

プリン体が多く含まれている食材を紹介している資料をいただいたので、

そのような食材(カツオ・レバー・煮干しなど)をひかえてから5年ほど経っても痛風は再発していません。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL