泣きっ面に蜂状態の父の痛風

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私の父が痛風を始めて患った時は足の甲が赤くはれ上がり、

歩くのも大変そうで、痛みに耐える姿は見ているのもかわいそうなくらいでした。

父は大のお酒好きで、野菜はあまり食べません。

そして、持病があり運動も出来るような体ではありませんし、

元々運動をするタイプではないインドア派です。

 

痛風を予防するためにはお酒を控えてほしいと思っても、

本人はビールが大好きで止めることも出来ません。

痛風予防になる高野豆腐やしいたけといった食材を使った料理も本人はあまり食べたがらず、

滅多に買って食べないエビやカニを痛風の元と言って、食べるのを控える程度のものです。

 

このような調子なので、その後も痛風にしょっちゅうなり、足を痛がっていました。

特に、モツ煮などを食べた翌日は痛風によくなっていました。

 

痛風は足を痛がる程度の症状なら可愛いものですが、

腎臓病になりやすいというお医者様もいて、

ただでさえ、痛風以外の持病のせいで内臓を傷めやすいのに本人は全く意識しません。

 

 

■脳梗塞で入院し、痛風になる

父の食生活は酒とごはんが9割といっても過言ではないくらいに極端です。

恐らく、そういう食生活も影響したのか脳梗塞を発症してしまい、入院生活を余儀なくされました。

幸いにも症状が軽く、麻痺などもありません。

リハビリもないため、入院生活中も普通の人と同じように生活をしていました。

勿論、食事は規則正しくなり、少し太ったくらいです。

 

そして、父は入院生活中に、入院前の生活のツケが出たのか痛風になってしまいました。

足の甲ではなく、膝です。

主治医に、「痛風が出たので、痛み止めを下さい」とお願いしたところ、

「膝に痛風は出ないので、痛み止めは出しません」と言われてしまいました。

残念なことに先生に相手にされなかったのです。

 

症状が軽く、普通の人と同じように生活が出来るとはいえ、

お薬は飲み合わせもあるため、様々な薬を飲む父は市販の痛み止めを飲むことは出来ません。

それまでは、かかりつけ医からもらった痛み止めを飲んでいた父も、

入院中なので普段、通っている病院に通うことも出来ず、ただただ痛みに耐える日々でした。

 

 

■まとめ

退院してからの父はまたまた病気になり、寝込む日々が多くなりました。

しかし、退院後一度も痛風だけはなっていません。

幸いにも現在の父は治療の甲斐あり、回復し、自分で買い物にもよく行きます。

やはり、過去の通風体験を気にしているからか「痛風に良いから」とこんにゃくを買って来ます。

父を見ていると、痛風にならないためには食事も大事なのだなと実感します。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL