父の痛風症状や対策に関して

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

父親が初めて痛風を訴えたのは15年以上も前の話だと思います。

当時は{痛風}という病名を誰も知らなかったので、本人の痛みを想像出来るわけもなく、

とにかく痛そうにしていたのを覚えています。

 

父の場合、くるぶしに痛みが出ていたそうです。

くるぶしは、起立時に一番体重がかかる場所でもあり、立ち上がるのは愚か、

「布団カバーがこすれるだけで痛い。」とか、「足を動かすのが辛い。」と、

トイレに行くのも這っていく状態にありました。

痛みが本人にしかわからないのは本当に辛いと思います。

 

母親が病院へ連れていくのも大変だっただろうと思います。

肩を貸そうにも相手は男性なので思うように歩けないし、

本人は靴下や靴を履くのもつらかったと思います。

車への乗降時もかなりきつかったのではないかと思われます。

 

やっとの思いで病院に行った後の結果には、本人も驚愕の思いだったと思います。

痛風は尿酸値や血糖値の関係で起こることも判明しました。

痛風は、血液に溶けきらなかった尿酸が結晶化して関節に沈着することで

痛みとなって現れるということもわかりました。

 

最近は、足指の付け根がムズムズして「痛風が起きそう。」と感じることも多いそうです。

そんなときに服用する痛風予防薬も処方されているようです。

プリン体という物質が含まれている飲食物についても、その時に初めて知りました。

 

“尿酸値、気にしていますか?”

と書かれた小冊子を病院からもらい、普段の食生活の中で

[プリン体の含有率が高いものを多く摂取していた事が原因だ]ということも判明しました。

 

プリン体の含有率が多い食品は、肉類で言えば鶏肉はササミ以外の部分が高いし、

豚や牛でもレバーやモツ肉といった内臓部分、

魚介類は牡蠣や大正エビ、カツオやマイワシ、マアジの干物やサンマの干物も

摂取を控えた方が良いそうです。

 

父に痛風が発覚して以来、父の痛風予防のために食する機会が減ったものは、

鶏肉の唐揚げや、牡蠣フライ、エビ料理等ですが、

”絶対に食べたらいけない”ということではないので、

控えめにという形での摂取をするようにしています。

 

尿をアルカリ化する食品としては、海藻(ヒジキやわかめ)、

野菜ならイモ類や根菜(ニンジンやゴボウ、大根等)、キャベツ、ほうれん草等があり、

尿を酸性化する食品としては、卵や豚肉、牛肉、青魚(サバやブリ)等があるそうです。

 

父の日常生活の中で、毎晩のように飲んでいるビールもプリン体の含有率が非常に多いものだと判明し、

今ではビールも開発されていて、糖質やプリン体がゼロであると証明されている

ビールを飲むようにしているようです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL