痛い、痛い、痛風の体験談

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

痛風とは、贅沢病で比較的太っている人がかかる病気であると言う認識をずっと持っていました。

私は贅沢もしていないし、痩せ型で、運動も適度にしていたので

発病する可能性はかなり低いと考えていたのです。

成人病検診でも尿酸値は正常範囲が続いていました。

 

ただ、アルコールは大好きで、毎晩ビールを中心に飲んでいましたし、

ほとんど休肝日は設けていない生活を続けていたのです。

 

そんなある日、急に足の親指の付け根の激痛と赤く腫れあがったのです。

痛くて靴も履けず、歩く事も辛く、足を引きづりながら歩いていました。

それでも辛く、会社に許可をもらい自動車通勤していたのです。

 

その時は、痛風の発作と疑う余地もなく病院にも行かずに二週間我慢をして発作と腫れは引きました。

今から考えると、これが一回目の発作だったのです。

 

暫くは、発作もなく生活をしていまた。

でも、この頃は痛風になっていることは知らず相変わらずビールは毎晩、休肝日は無しの状態です。

その後、前回と同じく足の親指の付け根の激痛と赤く腫れあがってきたのです。

その時も痛風と疑う余地もなく、何処かで足をぶつけたと思いこんでいましたので、

整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらうことにしました。

結果は異常なしでしたが、症状が痛風ではないかという事で血液検査をしました。

 

数日後、血液検査の結果は痛風でした。

その後、食生活の改善をしました。

毎日水を2リットル飲み、アルコールもビールから焼酎に変えて休肝日も設けました。

暫くその食生活を続けると発作もなく、尿酸値は正常にもどりました。

その後は、尿酸値が正常に戻って安心したのです。

もとの生活に戻りました。

水もあまり飲まなくなり、ビールも復活したのです。

しかし、発作は出ていませんが、直近の成人病検診では、尿酸値が異常に高かったのです。

当然、要治療を宣告されたのです。

 

やむなく、かかりつけの医師に相談したました。

すると、このまま放置すると肝臓に影響が出る可能性があるので薬を飲む事を進められたのです。

少し飲む事を悩みましたが飲む事に決めました。

理由は、肝臓への影響もありますが、二度とあの痛さを味わいたくなかったからです。

 

しかし、頂いた薬は副作用の可能性もあるとのことで、一か月飲んだ後に血液検査をします。

それで副作用がないかを確認した上で薬を継続するかを判断することになっています。

また油断するとバチが当たるので、食生活の改善は継続しています。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL