痛風で制約生活?

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

私の父親は40代半ばで痛風になり、現在70歳手前です。

 

何故痛風になったかと言えば、暴飲暴食でしょう。

とにかくビールが大好きです。

今は糖質ゼロやプリン体ゼロのビールなど様々な種類のビールが発売されていますが、

30年前には単なるビールしかありませんでした。

根っからビールが大好きなんだと思います。

毎晩毎晩大量に飲んでいましたし、休みの日はお昼間から飲んでいました。

 

又、ビール好きな人には多いのでしょうか?

取り敢えず高カロリーの食べ物が大好きです。

痛風になるまでは焼肉が大好きで、我が家は頻繁に焼肉をしていました。

私も兄も子供の頃は食が細く、家族の誰もそこまで喜んでいないのに、

「家族サービスで焼肉パーティー」と称して

盛大に焼肉を焼いては自分の口に入れていました。

 

そんな生活を続けていたら、ある晩寝ていると足に激痛が走ったみたいです。

父親にしても初めての経験だったので相当驚いたみたいですが。

当時はまだ痛風という病名がメジャーでは無かったので、

病院に行って病名を言われても、家族の誰もピンときませんでした。

ただ、相当痛かったみたいで、暫くはビールも焼肉も控えていたように覚えています。

 

でも、ビールだけは絶対に止められないようで、

徐々に元の量に戻っていき、その内、糖質ゼロやプリン体ゼロの発泡酒が出回り始めたので、

それを織り交ぜて相変わらず大量に飲んでいます。

 

食べ物では焼肉は食べ尽くした感が自分でもあるのか、

そこまで頻繁に大量に食べる事は無くなりましたが、

それに代わって、今度はお刺身を頻繁に大量に食べるようになりました。

 

私達家族からしたら、そんなに頻繁に大量に生物を摂取すると、

ちょっと気持ち悪い感じですが、父親本人は

「肉が食べられないなら刺身でも食べないとやってられない」

といった気持ちなのかもしれません。

 

40代半ばで発症して以来ずっと同じ病院に通い続け、お薬を飲み続けています。

本人はビールと食事に対して我慢したり、我慢がきかなくて暴走したりの繰り返しで、

「お薬さえ飲んどけば問題無い」と豪語しています。

 

他に痛風になる原因として運動のし過ぎによって

尿酸値が上がり過ぎる事が原因と言われいます。

実は父親はこれにも当てはまるのです。

 

元々太りやすい体質なのか、食の好みからして太りやすいのかは分かりませんが、

若い頃から太り気味です。

本人も「痩せないと」とは思っているようなのですが、

ビールや食事を我慢してまでは痩せられないようで、必死に身体を動かしているのです。

 

休みの日は、爽やかにランニングといったレベルを遥かに越えて激しく身体を酷使しています。

長時間走り回った後、その甲斐ゼロのように大量にお酒を飲むのですから、

何の為に走っているのか謎です。

 

でも、もう70歳手前。

さすがに激しすぎる運動が悪影響になってきたのか、

痛風を悪化させるようで、最近ではおとなしく歩いたりもしています。

 

本人としては激しく走り、喉をカラカラにさせて、

「走ったんだから多少飲んでも大丈夫」と言い訳して、

大量のビール、そのあてになるご馳走を口に入れたいようなのですが、

なかなか上手くいかなくなってきたようです。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL