痛風で困った体験

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

長年痛風と付き合っていますが、発作が起きて炎症による痛みがひどくなって、何度も苦しんできました。

痛風の炎症が起こる場所には個人差がありますが、

一般的には足の親指の付け根から始まり、だんだん上に上がってくるといわれます。

 

私の場合も足の親指の付け根から始まり、次に足首、さらには膝にまで炎症が起こるようになりました。

当然ながら、足の親指に炎症が起きているときは、痛みさえ我慢すれば歩くことは可能ですが、

膝に炎症が起きてしまうと歩くことが困難になります。

幸いこれまでの経験では、両足同時に炎症が起きることはありませんので、

発作が起きていない方の足は動かすことが出来ますが、何かに捕まらないと歩くことが出来ません。

 

痛風で歩けなくなって一番困ることが、トイレに行くのが大変になることで、

尿意をもよおしてもトイレに行くのがひと苦労で、

トイレにたどり着いたとしても、用を足すのことが難しくなります。

たとえ洋式トイレであっても、大の場合は膝を曲げる必要があり、

便器に座ることすら出来ない場合もあります。

 

膝に炎症が起きた場合、歩くことが出来ないのも困りますが、もうひとつ困ることがあります。

痛風の発作が発症して炎症が起きた場合、炎症している箇所を動かせば、

よけいに腫れがひどくなりますので、基本的には安静にしている必要があります。

 

足の親指や足首に炎症が起きている場合は、座るか横になることで、

炎症している箇所を動かさずに安静にしていられますが、

これが膝に炎症が起こった場合、座っていても横になっていても、膝関節が微妙に動いてしまい、

そのわずかな動きでも激痛が走ります。

どちらか横を向いて寝ても、上を向いて寝ても必ず膝に何らかの荷重がかかります。

 

炎症が起きていないときには気がつきませんが、

膝に炎症が起きてわずかな動きでも痛みが走るようになると、

どんな姿勢になっても寝ることが出来なくなります。

当然寝返りを打つことも出来ず、寝ている間にクシャミをしても咳をしても、痛みで目が覚めてしまいます。

 

もちろん、痛風の炎症がひどくなった時には痛み止めを服用しますが、それでも効かない場合があります。

そうなった場合、横になることも座ることも出来なくて、

イスに座ったままの体勢で痛みの起きない状態を模索し、何とか眠りにつきますが、

何かの拍子で無意識に体が動いてしまい、痛みで目が覚めてしまい、結局ほとんど寝れなかったこともあります。

 

以上のように、痛風は大変な病気ですので、ご注意ください。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL