痛風で食事制限

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

5年くらい前から、1から2年おきくらいに痛風の発作が出ています。

自分の体験談ですが、痛風の初期症状としては、

いつも発作がでる親指の付け根が発作のでる1、2週間前からピリピリし出します。

そして、疲労が蓄積したりストレスが強かったりすると、そのまま発作が出て、

足の親指の付け根が腫れ上がってきて、激痛が訪れます。

歩く時に足を引きずらないと、歩けなくなります、、、。

 

尿酸値を下げるためにて工夫していることは、今まで好んで食べていた、

二郎系ラーメンをあまり食べなくなったりしました。

少なくともスープまで全部飲むことはなくなりました。

あと、魚卵とかもたくさんは食べなくなりました。

ビールについては、少しなら問題ないようなので、コップ一杯とかは普通に飲んでいます。

どんな食品や飲み物でも、たくさん食べることが問題であって、

少量ならどんなものでも食べていいみたいですよ、、、

 

外出時に痛風の発作がいきなり起こる、ということは今まで経験したことがありません。

大概が徐々に足の親指の付け根が腫れてくると同時に痛くなってきて、

6時間後くらいに結構痛むと自覚するくらいでした。

それで、寝て朝起きたら、普通に歩けないくらいになっていて、どうしようかな、と困るくらいの感じです。

 

治療の方法としては、病院に行くことですね。

私も今痛風の専門医のクリニックに通院しています。

発作が起きてから行きましたが、まずはその発作をおさえて痛みをなくすために、

鎮痛剤とかを渡されて飲んでいきます。

それと同時に血液検査を毎回して、尿酸値の経過を見ていきます。

 

発作時には、尿酸値が若干上がるらしいので、痛みと腫れが引いてからは、

尿酸値を下げる薬を飲みながら経過を観察し、尿酸値が下がる最適最小の薬の量を見極めて、

あとは日々の生活習慣に気をつけつつ、尿酸値をコントロールしていきます。

 

血液検査では、他の中性脂肪や肝機能の数値とかも見てくれるため、

中年以上の人にとってはその経過も見れるから、一石二鳥かもしれません。

自分でも色々調べたところ、尿酸値をあげる食べ物飲み物は多くありますが、

それらについては食べる量を減らして自分でコントロールできるようになればいいみたいです。

 

問題なのは、体の内部で作られてしまう尿酸値みたいなので、

ストレスのない生活で湯船にキチンと入ったりして大量に水を飲んでいれば、

痛風発作の原因の尿酸は自然に体外に排泄されるとのことです。

 

私も、通院しつつ尿酸値のコントロールに四苦八苦してますが、

幸い尿酸値を下げる薬は専門医のところに行けば処方してもらえるので、

鎮痛剤しかもらえないクリニックに行っている人は、一度専門医に診てもらった方がいいと思います。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL