痛風にかかった同僚に協力した仕事の仲間たち

痛風に効くサプリメントをご存知ですか?

痛風改善サプリメント

もう15年以上前のことになりますが、会社の同僚が痛風にかかりました。

年は30歳過ぎたころだと記憶しています。

 

突然のことでした。

出社して間もなくすると、その同僚から電話がかかってきました。

痛風にかかって出勤できないとの連絡でした。

そのとき初めて痛風の痛さというのを聞きました。

 

風に当たっても痛いという痛風。

当時、年配の人からはよく「痛風は贅沢病だよ」という言葉をよく聞きました。

 

実際はプリン体摂取過多、肥満からくることが要因であることがわかってきました。

なぜ贅沢病っていうのかと、その時不思議に思いました。

痛風にかかった同僚は一人暮らしでした。

4,5人の仲間で仕事に取り掛かっていて、忙しさも半端ではありませんでした。

こんな時期に、長期間休まれては大変というのが、一緒に仕事をしていた仲間たちの本心であり、

仕事に遅れも発生させることができないため、痛風の痛さやどんな状況下も興味津々、

同僚の住む部屋で仕事を進めることにしました。

 

その甲斐もあって本人を実験台に、痛風について情報収集もできました。

痛風の痛みは想像を絶するもので、痛みは突然やってきて、ほとんどが自覚のないまま、

夜なかから朝方にかけて激痛に見舞われることが多いようです。

男が病気で味わう痛みでは尿管結石と痛風がトップクラスです。

男ならだれでもかかる可能性がある病気です。

病院にかかる場合はリュウマチなどと同じ診療科にかかることで、専門の科で診てもらうことになります。

 

痛風の原因は簡単に言うと、尿酸値が高くなって関節炎を引き起こす症状です。

尿酸はプリン体の燃えカスで、尿酸はもともと体の中にあるものではなく、プリン体が分解されて作られます。

ある一定以上の尿酸が体内にたまると排出が追い付かずたまってしまうのです。

通常は腎臓や汗から排出されます。

 

予防法は生活スタイルを変え、肥満や栄養過多の食事を見直し運動をすることが重要です。

無酸素運動などの激しい運動も尿酸値を上げる原因になります。

また尿酸値を上げる原因になるストレスをためないことも危険な要素を取り除く一つです。

 

アルコールも控えることが必要だということです。

アルコールは尿酸値を上げるだけでなく、尿酸の排出を抑制させる働きもあるので要注意です。

自分の尿で尿酸をチェックできる試験紙も販売されているので、

尿酸値の管理と体重測定をしっかり行うことが痛風にかからないための予防法であり、

自己管理に努めることが必要のようです。

同僚の痛風の状況を見ながら、痛風に関する知識を集めることができました。



あなたは、尿酸値を下げる努力をまだ続けますか?


「尿酸値を下げるためには、もう一生美味しくお酒が飲めないのか・・・」
「あの激痛がまた起きたら・・・」

そんなお悩みの方へ朗報です。
痛風サプリメントでは異例の大ヒット!

痛風改善サプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL